赤ちゃんの手足口病は予防できる?治療法や対処はどうすればいい?

571

いよいよ7月ですね。
梅雨明けは7月の半ば頃らしいので、まだまだどんよりした日が続くわけですが、
なんだか一気に晴れて暑くなるイメージがあります。

そして夏真っ盛りを迎えると同時に、様々な感染症が流行のピークを迎えます。
この時期は、特に子供がかかりやすい病気が流行することもあり、
小さなお子さんをお持ちの方にとっては、何かと落ち着かないのではないでしょうか。

それらの感染症のなかでもっともメジャーなのが、
「三大夏風邪」と呼ばれる、手足口病・ヘルパンギーナ・プール熱です。
今回はそのなかから、手足口病をピックアップしてみましょう。

手足口病の患者のおよそ90%以上は、5歳以下の幼児です
我慢がきかなかったり、うまく自分の状態を伝えられないことが多い年頃ですから、
大人である私たちが正しい知識でもって、対処してあげなければなりませんね。
それが赤ちゃんとなるとなおさらです。

なるべくつらい思いをさせないよう、また感染を広げる原因になってしまわないよう、
赤ちゃんの手足口病の予防や対処方法について、今回は一緒に学んでいきましょう。


Sponsored Link



手足口病を知ろう!

手足口病とは、エンテロウイルスやコクサッキーウイルスが原因で起こる病気です。
先ほどもお話ししましたが、生後6か月から4,5歳までの子供が発症することがほとんどで、そこから大人に感染することも、まれにあります。

感染すると、2~5日程度の潜伏期間の後、
手のひらや足の甲や足裏、口の中に小さな水疱状の発疹が現れます。
こういった症状から、「手足口病」と呼ばれているんですね。

572
手足以外にも、ひざやおしりに発疹が現れる場合もあります。
これらの発疹はかゆみや痛みをともなうことが多く、
かゆさに耐えきれずにかいてしまった結果、
水疱をかき壊してウイルスを広げてしまう危険があります。

また、口内の発疹は、頬の内側から口内前部分に見られるのが特徴で、
こちらはかゆみよりも痛みを感じることの方が多いようです。
また、口内の雑菌により、口内炎に発展してしまうこともあります。

それ以外にも、37~38度の発熱やのどの痛みが症状なども挙げられますが、
こちらは必ず発症するわけではなく、
発症したとしても軽度であることがほとんどです。

 

予防することはできるの?

手足口病には、有効なワクチンなどが存在しないため、
100%の予防は不可能と言われています。

ですが、かゆみや痛みは、赤ちゃんでなくとも、非常につらい症状です。
なるべくつらい思いをさせないようにしたいものですよね。
何かできることはないのでしょうか?

手足口病には、

①くしゃみや唾液などからの飛沫感染、
②発疹など患部に触れた手で人やものに触れることで起きる接触感染
③排泄物に含まれたウイルスによる糞口感染

の3つの感染経路が存在します。
ご覧いただければお分かり頂けるかと思いますが、
かなりさまざまな形で、ウイルスは身体に入ってこようとします。
これを完璧に防ぐのはかなり難しいことです。

特に流行のピークを迎えているこの時期、
散歩やお外遊びをするだけでも、
どこかでウイルスが潜んでいて、感染してしまう可能性が非常に高いんですね。

そのなかで少しでも感染リスクを下げるためにできることを挙げてみました。

 

■感染している、またはその可能性のある子供とは遊ばせない
手足口病の症状が出ている時というのは、
ウイルスがもっとも活発に活動している証拠ですので、当然感染力も非常に高いです。

573
もしも身近にすでに手足口病に感染し、発症しているお子さんがいたら、
せめて症状がおさまるまでは、一緒に遊ぶのを控えましょう。

 

■タオルやハンカチなどの使いまわしはしない
タオルやハンカチに唾液や鼻水がついてしまっている可能性を考えてみましょう。
先ほどお話ししたように、唾液や鼻水にもウイルスは含まれていますので、
それをぬぐったものは、もれなくウイルスがびっしりついている、と思ってください。

 

■プールなどは控える
プールなど、多くの人と同じ場所で同じものを共有するのは、
飛沫感染や接触感染し放題、となり、非常に危険な行為です。

 

■おむつ処理している時にはそばに行かない
手足口病のやっかいなところは、感染していても発症しないことがある、ということです。
ですが、発症していなくてもウイルスは排出されます。

ですから、ぱっと見たところ手足口病を発症していなかったとしても、
その排泄物にウイルスが含まれていることは多大に考えられることですので、
デパートのトイレなどで誰かがおむつ処理をしている間は、
離れて別のトイレを使う、などした方が良いでしょう。

 


Sponsored Link


 

感染してしまった場合のことも考えておきましょう

今お話ししたように、手足口病を100%予防するのは、ほぼ不可能です。

574
予防の知識を身に付けることももちろん大切ですが、
完璧な予防が不可能である以上、
感染してしまった後のことを知っておくことも大事ではないかと思います。

ここでは、感染してしまった場合のケアについてお話ししたいと思います。

手足口病の原因となる、エンテロウイルスやコクサッキーウイルスは、
正確にはエンテロウイルス「属」・コクサッキーウイルス「属」という、
いわゆる種の名前であり、そのため、同じウイルスでも様々なタイプが存在します。

そのため、違うタイプのウイルスであれば、2回3回、と発症することもあるわけです。
そして、すべてのタイプに効果を発揮する薬というものも、存在しません。

ですから、症状を和らげながら自然治癒を待つ対症療法にたよることになります。
手足口病の薬ではなく、熱なら解熱剤、発疹には塗り薬、ということですね。

薬を使用する場合については市販のものを自分の判断で購入するよりは、
病院へ行って、医師の診断のもと処方してもらいましょう。

実際、「かゆみならステロイド剤」と自己判断で使用した結果、症状が悪化し、
あわてて病院へ連れて行ったら、「ステロイド剤は手足口病にはNG」と言われた、
などというエピソードもあります。

病院は内科でも大丈夫ですが、
手足口病の患者のほとんどが子供であることを考えると、小児科もおススメです。

とはいえ、実際はお家で過ごす時間の方が多いわけですから、
家庭でできるケアも知っておきましょう。

 

■安静を心がけましょう
有効な薬がない以上、
とにかく安静にして赤ちゃん自身の抵抗力を上げることが大前提です。
この時期は特に暑さがストレスになりがちですから、
部屋の温度調整などに気を配ってみましょう。

 

■塗り薬のべたべたを嫌がるようならガーゼや絆創膏を活用しましょう
塗り薬を使用すると、どうしても肌がべたべたするため、
気になって触ってしまう可能性があります。
そうなると、塗り薬が取れてしまうばかりか、患部に触れることになってしまい、
意味がありません。

もしもべたべたするのを嫌がるようであれば、
指先でちょんと薬を乗せた後、すぐにガーゼや絆創膏で蓋をしてあげましょう。

その後に濡れタオルや保冷剤で冷やしてあげると、かゆみを抑える効果もありますので、
併せて行ってあげてみても良いかもしれません。

ただし、その際に使用したタオルは使いまわしたりせず、
すぐに洗濯してくださいね。

 

■口内を刺激しないものを与えましょう
実は赤ちゃんの手足口病でもっとも困るのが、栄養面かと思います。
口内に発疹が現れた場合、痛みをともなうことがあります。

口の中が痛いわけですから、水分や離乳食を受け付けなくなる可能性があります。
ですが、抵抗力を上げるためにも、やはり水分と栄養分の補給はきちんとしたいところ。
ですから、なるべく口内を刺激しないものをチョイスしましょう。

575
水分であれば、水やお茶、熱があるようなら赤ちゃん用のポカリスエットなどにして、
ジュースなどは控えましょう。

また食事には、うどんやおかゆ、ゼリーやヨーグルトなど、
するっと口に入るものをチョイスしてあげてください。
もしもそれでも食べなかったとしても、水分さえ取れているなら問題はありません。

 

■少しでも様子がおかしければすぐに病院へ行きましょう
手足口病には、非常にレアケースとして髄膜炎や脳炎などの深刻な合併症を引き起こすことがあります。
家庭でできることには限界がありますし、このようなレアケースもあることですから、
少しでも気になることがあればすぐに病院へ行きましょう。

・元気がなくぐったりしている
・水分がとれない
・38度以上の高熱が3日以上続く

などの症状が見受けられたら、慌てず速やかに病院へ連れて行ってあげてくださいね。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

手足口病の流行は、赤ちゃんのいらっしゃるご家庭では、けっこうな脅威かと思います。

そして、赤ちゃんは自分の不調を上手に伝えることができませんから、
私たちが普段以上に細心の注意を払い、病気に立ち向かう必要があります。

そのために必要不可欠な、「予防」と「対処法」の知識の両方を有効に使い、
気持ちよく夏を乗り越えていきましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ