手足口病で子どもにかゆみが!止めるにはどうしたらいいの?

451

手足口病では、発疹の症状があります。

この発疹には、かゆみを伴うことがあると言われています。

また、手足口病は夏に流行りやすい感染症ということもあり、汗をかきやすい季節でもあります。

かゆみで辛そうな子どもを見ていると、何とかしてあげたいと思ってしまいますよね。

そこで、かゆみを止める方法や、自宅治癒について調べてみました。

子どもの手足口病の症状からみていきたいと思います。


Sponsored Link


子ども特有の症状ってどんなのがあるの?

手足口病は感染する人の9割程が5歳以下の子どもと言われています。

症状としてみられるものは、

・発熱 (38度以上の高熱になることは少ない)

・のどの痛み

・手や足、口の中など体の広範囲でみられる発疹や水泡
 (体の発疹にはかゆみを伴うこともあり、口の中の発疹には痛みを伴うことがあります)

また、これらの症状から食欲不振や倦怠感などもみられることがあります。

子ども特有の症状としては、高熱にならないことが多いこと、体の発疹に痛みを伴わないこと、が挙げられます。

もちろん、人それぞれに症状の違いはあります。

大人が感染しても症状自体にあまり変わりはありませんが、重症化しやすいとも言われ症状の出方に少し違いがあるようです。

 

 

かゆみを止める方法はあるの?

452
手足口病では、発疹にかゆみの症状がみられることがあります。

かゆみは我慢できるものではありませんが、かゆみにまかせて水泡のある皮膚をかいてしまうと、水泡が破れてしまうこともありウイルスが広がってしまう原因ともなります。

そこで、かゆみを止める方法についてみていきましょう。

まず、かゆみを止めるのに効果的なのが冷やすことです。

かゆみを止めるというよりも、かゆみを一時的に和らげると言ったほうがいいかもしれませんが、簡単にできる方法が一番ですよね。

特に、冷やし方に決まりはありません。

ただ、手足口病の場合は皮膚にもウイルスが付着していることがあるので、タオルやハンカチなどの使い回し出来るものを使うときには、一度使ったら洗うことを徹底して使い回しはしないようにしましょう!

感染予防も忘れてはいけませんね。

また、寝ている間などの意識しないうちに掻いてしまうときには冷却シートを使うといいかもしれません。使い捨て出来ますしね。

かゆみ止めの薬を使う方法もあります。市販のもので問題ありません。ただ、炎症を抑えるのが目的ではなく、どちらかというと「かゆみ」を抑えることが目的の薬を選ぶようにしましょう。虫刺され用の薬を使って対処したという話もあります。

薬を使うことに抵抗があるときは使用せず、冷やして様子をみましょう。

それでも症状が酷くて対処できる方法が思い浮かばないときは、医師や薬剤師に相談しましょう!

かゆみを止める方法は無いわけではありません。

 


Sponsored Link


 

自宅治療で治せるの?

手足口病の原因となるウイルスを直接やっつける薬は今現在ありません。

そのため、自宅での治療が基本となってきます。

症状は人それぞれ違いますので、症状がほとんど出ず自宅治療だけで治ってしまうこともあります。

ただし、いつもと様子が違ったり、感染が流行っているときに手足口病を疑うような様子がみられるときには病院へ行って診断を受けことも必要ではないかと思います。

 

 

まとめ

今回は、子どもの手足口病の症状についてと、かゆみの症状についてみてきました。

手足口病でみられる発疹は、ウイルスが原因で起こるもので、時にかゆみの症状を伴います。

かゆみを和らげながら、感染にも気をつけましょう。

そして、手足口病は自宅で治療することが基本となります。

子どもは病気に抵抗する力も弱いですが、かゆみや痛みなどといった症状に慣れておらず、自分で意識したり対処したりができません。

また、かゆみが気になって掻いてしまうのは仕方のないこととも言えます。

大人が子どもの症状や経過をちゃんと見てあげることが大切ですね!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ