幼児が手足口病やヘルパンギーナになった時!薬は何を飲めばいいの?

371

手足口病とヘルパンギーナ、どちらも夏に多くみられる感染症のひとつです。

この2つの病気は症状が似ており、判断が難しいこともあるようです。

またどちらも乳幼児で感染しやすいと言われています。

そこで、今回はヘルパンギーナという病気について調べてみました。

それぞれの病気についてや、薬の効果についてみていきたいと思います。


Sponsored Link


ヘルパンギーナってどんな病気なの?

まずヘルパンギーナの症状についてみていきます。

38度以上の突然の高熱、倦怠感や関節痛。

上あごや喉の奥にできる口内炎、喉の痛み、食欲不振などがあります。

口内炎や喉の痛みが原因で、物や水分を飲み込むことが辛くなることがあります。食欲が落ちることはもちろん、子どもだと唾を飲み込むことにも抵抗を感じ、よだれをたらしたり、口内炎が気になり口の中に指を入れてしまうことがあります。

感染経路は飛沫感染・接触感染・糞口感染があります。

ウイルス性の感染症で子どもに限らず、確率は低いですが大人への感染もみられます。

手足口病とヘルパンギーナの違いを簡単にですがみていきます。

手足口病は、高熱が出ないことが多く、体にも発疹がみられます。体の発疹が目立ちますが発熱の影響が少ないことから元気そうな様子がみられることがあります。

ヘルパンギーナは、高熱が出ることが多く、体には発疹がみられません。見た目には発疹は目立ちませんが、熱の影響から病気で辛そうな様子がみられます。

症状は人によっても違うことからも区別をつけることは難しいですね。

手足口病とヘルパンギーナは原因となるウイルスの種類が同じとされています。ただ、ウイルスの型に違いがあります。

 

 

手足口病やヘルパンギーナに効く薬はあるの?

手足口病とヘルパンギーナには特効薬や予防のためのワクチンがありません。

そのため、どちらの病気も自然治癒が基本となります。

しかし、薬を使うこともあります。

熱が高いときや、痛みが酷いときなど、それぞれの酷い症状を和らげることが目的で薬を使います。

高熱ときには解熱剤をつかったり、痛みが酷いときには炎症を抑える薬を使用したりします。

また、食欲が低下しているときや、口内炎や喉の痛みが原因で口からしっかりと栄養が摂れないときには点滴をして脱水症を予防します。

手足口病とヘルパンギーナに効く薬はありませんが、医師に相談してみるのも1つの手かと思われます。

 


Sponsored Link


 

幼児が飲める薬ってあるの?

小さい子どもに、薬を飲ませることって抵抗ありますよね。

基本的には、市販の薬を飲ませたりせず、病院で処方された場合にのみ服用したほうが良いかもしれません。

幼児が飲める薬はもちろんありますが、薬を使う前に病院で診察を受けましょう。

ヘルパンギーナは高熱が2~4日続くとも言われています、頭部や脇の下を冷やすことも大切ですが、しっかりと水分を摂ることも大切です。ただ、心配なときは慌てず小児科または内科へ行きましょう。

また喉の痛みから、食事や水分を嫌がったり拒むこともあります、そういったときも薬を探すのではなく、病院で相談してみたり食事を工夫してみたりして対応しましょう。

飲み込みやすく、喉越しのよいものを摂ることで痛みを少しでも軽くしてあげることができます。

 

 

まとめ

372
今回は、手足口病とヘルパンギーナについてみてきました。

それぞれ症状は似ていますが、どちらも夏風邪の一種でウイルス性の感染症には違いありません。

また特効薬がないことから、自然治癒が基本となります。

症状が酷いときには、病院へ行き適切な処置を受けることも重要になってきます。

大人は感染しにくい病気ですが、どちらも感染力はあります。子どもから病気をもらってしまわないよう自分自身の健康管理もしっかりと行い、手洗いやうがいなどの予防も徹底して行いましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ