子供が手足口病に!お風呂に入ると家族はうつる?

281

はっきりとしない天気ながら、じめじめと暑い日が続きますね。

暦の上では5月からが夏ですが、
実際はこのくらいの時期から夏を感じている方も多いのではないでしょうか。

夏は様々なイベントがあり、特に小さいお子さんをお持ちの方にとっては、何かと楽しみな季節ですが、
同時に子供に多い病気が流行することもあり、不安なことも多いかと思います。

そして、そんな病気の代表格に挙げられるのが、手足口病です。
夏風邪の一種である手足口病の流行は、6月から8月ですので、
すでに身の回りで流行し始めている、という方も、恐らくいらっしゃるでしょう。

今回は、手足口病に関する疑問のなかでも、特に気になる、
「子供が感染した場合のお風呂」についてのお話です。

手足口病は感染力が強いので、家族にうつる可能性はやはり見過ごせません。
手足口病の症状や感染経路を正しく理解し、家庭内での流行を一緒に防いでいきましょう。


Sponsored Link



手足口病を正しく知ろう!

手足口病はコクサッキーウイルスやエンテロウイルスが原因で起こります。
そして、これらのウイルスに感染すると、
口の中や手のひら、足底や足背に2~3mmほどの発疹が見られます。

場合によっては喉の痛みがあったり、37~38度の微熱が出たりしますが、
こちらは全患者の1/3程度ですので、発疹のみの症状という場合も多いです。

これだけだと、あまり大きな心配をするような病気ではないように感じますよね。

ですが、手足口病に感染すると、非常に低い確率ではありますが、
脳炎や髄膜炎などの中枢神経系の合併症を引き起こし、命に関わるようなことがあります。
また、大人が感染すると、これらの症状がよりひどく、重症化して現れることが大半です。

282
ですからやはり、兄弟姉妹だけでなく、大人の家族にうつってしまうような事態は避けたいものです。

まずはそのためにも、手足口病の感染経路を確認しておきましょう。

手足口病に限らず、ウイルス性疾患の一般的な感染経路は大きく分けて3つです。

 

■飛沫感染
くしゃみやせきをした時に出る飛沫を吸い込むことで感染します。

 

■接触感染
唾液や鼻水、患部へ直接触れたり、
ウイルスのついた手で触ったものに触れたりすることで感染します。

 

■糞口感染
排泄物と共に排出されたウイルスを口から吸収することで感染します。

さて、ここで問題のお風呂ですが、
手足口病に感染した状態でお風呂に入るのは、症状の面では何も問題はありません。

ただし、今お話しした感染経路のなかの接触感染の危険が大幅に高まってしまうのが問題なんですね。

 

お風呂に入るのは感染の危険度アップ!?

では、何故お風呂に入ることが感染につながるのでしょうか?

皆さんのお家のお風呂には、家族共用の洗面器や桶があったりしませんか?
これがまずウイルス感染の媒介になります。

手足口病に感染したお子さんが、唾液や鼻水がついた手でそのままその洗面器に触れ、
そしてそれをほかの家族が使用したら…もうお分かりですよね?

また、手足口病の発疹は、お湯などで体温が上がって血行が良くなったり、石けんを使ったりすることでかゆみが増します。

すると、子供は大人のようにかゆみを我慢できませんから、発疹がつぶれるまでかいてしまいます。
そうなると、浴室中にウイルスがばらまかれる結果になります。
想像してみると、非常にコワイですよね。

283
かゆみが出ず、発疹をつぶすようなことにならなくても、
お子さんと一緒に入浴して、身体を洗ってあげる際に発疹に触れてしまう、これだけでも感染してしまいます。

このように、お風呂という場所は接触感染のリスクが非常に高い場所なんですね。

 


Sponsored Link


お風呂に入るなら、細心の注意を!

お風呂に入るのは感染リスクが上がる、と言っても、
この季節ですから、汗をかくでしょうし、お風呂に入れてあげたい、ということもあるかと思います。

では、感染を出来る限り避けるにはどうしたら良いのでしょう?
今までお話ししたことを踏まえて考えてみましょう。

 

■発疹がある間は入浴を控える!
発疹があるうちは体内のウイルスが活発に働いている時期なので、感染もしやすいです。
お風呂に入るなら、発疹がおさまってからがベターです。

 

■シャワーで身体を流すだけにする!

284
お湯が張られた湯船は、ウイルスのプールになってしまう可能性がとても高いです。
シャワーのみですませましょう。

 

■石けんや、スポンジでごしごしはダメ!
どこのご家庭でも、石けんはたいてい共用ですよね?
同じものを使用するのは、接触感染の可能性を一気に引き上げてしまいます。

身体をスポンジなどでこするのもNGです。
発疹がおさまっていたとしても、スポンジを介してウイルスが広まってしまいます。

シャワーで身体を流すだけにとどめておきましょう。

 

■入浴順にも配慮を!
手足口病に感染している子の入浴を最後にしてあげることで、
他の兄弟や家族への感染確立を下げることができます。

 

■バスタオルの共用は×!拭き方にも工夫を!
285
身体に触れるものの共用はとにかく避けましょう。
また、身体を拭く際は、あまりこすらず、身体の上からタオルで押さえて水分を取るようにすると良いでしょう。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

手足口病は様々な形で感染するため、100%の予防はなかなか難しいとされています。
ですが、お風呂というなんてことのない日常の行動のなかでも、
病気の原因や感染経路を知っていれば、
感染の可能性を少しでも下げるためにできることが、たくさんあります。

ちりも積もれば山となる、だと思います。
実践できることはしっかり実践して、大切な家族を守っていきましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ