手足口病の時お風呂は赤ちゃんと一緒に入っていいの?

271

赤ちゃんはもちろん、子供は新陳代謝が活発なので、手足口病になってしまっても症状次第ではお風呂に入れてあげたいですよね。

しかし、手足口病は大人も感染する病気です。
一緒にお風呂に入ることは感染原因になるのでしょうか。

今回は子供を育てるパパ、ママの心配「手足口病とお風呂」についてまとめてみました!


Sponsored Link



赤ちゃんはお風呂に入れても大丈夫なの?

272

幼稚園や保育園で毎年流行する手足口病は、赤ちゃんから大人まで感染する可能性があります。

もしも赤ちゃんが感染してしまったら、お風呂はどうしたらいいんだろう?と悩みますよね。

手足口病は夏風邪とも言われ、夏に感染する可能性の高い病気です。

夏は汗もかくし、元々新陳代謝の活発な赤ちゃんを1日お風呂に入れないだけでも心配ですよね。

では、手足口病に感染した赤ちゃんはお風呂に入れても良いのでしょうか。
基本的に赤ちゃんの体に出る発疹は痛みやかゆみを伴うことは少ないのが、特徴です。

しかし、お風呂に入ると体温が上昇、石鹸などの刺激によってかゆみが出てしまうことがあります。

また、小さい子供は一人で体を洗えないので、パパやママが洗うことが多いと思います。

その際、発疹(水疱)がつぶれてパパやママに感染する可能性があります。

他にも浴槽内で水疱がつぶれたり、鼻水やヨダレが入ってしまったりすることで、浴槽内全体にウイルスが広がる危険もあります。

このように家族内で感染が拡大する危険があるため、お風呂に入れるには注意する必要があります。

 

一緒に入っても感染しないの?

273

手足口病の原因ウイルスが好む環境を知っていますか?
高温多湿の環境です。

まさにお風呂ですよね。

手足口病が感染する経路を知っていますか?
飛沫感染、接触感染、糞口感染です。

この感染経路は見てもわかる通り、口から侵入するだけではありません。
子供も大人も関係なく、粘膜からも侵入するんです。

実は手足口病はお風呂やプールで感染する可能性が高い病気なんです。

手足口病の発疹に痛みやかゆみがなくても、小さな子供は気になって掻き壊してしまうことがよくあります。

水疱がつぶれたり、破れたりして露出したウイルスがお湯に入り、そのお湯が目や鼻などの粘膜に付着すると、感染する危険があります。

また唾液や鼻水などの体液にもウイルスがおり、その生命力と感染力は非常に強いのです。

子供が入浴中に遊んだオモチャにヨダレが付き、そのウイルスが浴室内に広がる可能性もあります。

このような事情から、お風呂に一緒に入ることは非常に感染の危険が高いと言えます。

 


Sponsored Link


お風呂に入る際の注意点は?

274

ここまでお風呂での感染リスクについてご説明しました。

しかし、手足口病に感染したから完治し、体内からウイルスが消えるまでお風呂に入らない!というわけにはいきませんよね。

そこで、ここではお風呂に入るタイミングや注意点についてご紹介しますね。

 

■お風呂はいつから入れる?

子供や赤ちゃんの場合、手足口病にかかってもほとんどが微熱程度です。
また、発疹にも痛みやかゆみがないため元気に遊んでいる場合がおおいようです。

一般的には熱が38度以下で、本人が元気そうならお風呂に入ってもよいと言われています。

但し、石鹸の刺激や体温の上昇でかゆみが出る可能性があります。
少しでもかゆみが出ないよう下記に注意しましょう。

・シャワーの温度はぬるめにする
・石鹸は使わない
・浴槽に入らない
・体を拭く時には擦らず、抑えるように水気を取る
■お風呂で感染しないためには?

まず前提としてお風呂に入ったら絶対に感染するということではありません。

原因となるウイルス、感染経路の他、「固体の条件」があります。
「固体の条件」とは、本人の抵抗力、体力などです。

この要素3つがすべて揃うと感染するのです。

・入浴する順番に注意!

感染者がお風呂に入った後は、浴室内にウイルスがいる可能性が高いです。
そのため、感染者を最後に入浴させることで、感染リスクを下げることができます。

・湯船につからない!

湯船につかっている間に唾液、鼻水、水疱の内容物などがお湯に入ることで、浴槽内にウイルスが広がります。

シャワーのみにすることで、浴槽内にウイルスが広がることを防げるため、感染リスクを下げることができます。

・タオルの共有はしない!

体液にはウイルスが含まれていることは説明しましたね。
そうです、汗にもウイルスが含まれているんです。

お風呂上りにタオルで体の水気を拭きとる際、汗や水疱の内容物もタオルに付着します。

そのタオルを共有することは感染リスクを非常に高めることになりますので、絶対に避けてくださいね。

 

まとめ

275

お風呂は思った以上に感染リスクが高いことがわかりましたか?

家族で一緒に入浴することは大切なコミュニケーションでもあるので、寂しく感じるかもしれません。

また、浴室内の清掃やタオルの選択など、面倒に感じる部分もあるでしょう。

しかし、大人が感染した場合は、子供よりも重症化することが多く、家族内で感染した場合はとても大変なことになります。

しばらくの間、感染が拡大しないよう注意して入浴してくださいね!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ