手足口病の症状って?子どもに発疹や痒みが出た時の対処法!

191

手足口病の症状に発疹や水泡などがあります。

ここで気になるのは、発疹はどのようなものがみられるのか、発疹ができると痒みも伴うのか、どのように対処したらよいかなどではないでしょうか?

発疹や痒みがあると、少しでもその症状を和らげてあげたいですよね。

子どもに、痒くても我慢しなさいというのはなかなか難しいものです。

では、子どもの手足口病と発疹の症状についてみていきたいと思います。


Sponsored Link


発疹が出ることもあるの?子どもの手足口病

手足口病はウイルス性の感染症です。子どもに感染しやすく、夏に流行することが多いといわれています。

手足口病に感染すると、手ひらや足の裏、口の辺りや喉などに発疹がみられるようになります。

最近では手・足・口に限らず、腕や足、お尻や顔などにも発疹の症状がみられるようになり、発疹ができる場所は広範囲になっています。

また発疹の症状が出る部位や数は、手や足ばかりにみられるときや、口の中ばかりにみられることなど人それぞれに違います。

手足口病でできる発疹は、中心が白く周りが赤いもの。大きさは均等ではありませんが口の中にできる発疹は2~3mm程のもの、体にできる発疹は米粒程のもの、というのが主な特徴です。

しかし、一般的に発疹がみられることが多いと言われていますが、感染しても発疹が出ないこともあります。

手足口病は原因となるウイルスによって症状が違う事もありますし、人によってみられる症状に違いがあります。

 

 

痒みが伴うこともあるの?

192

痒みが同時にある時もあるのでしょうか?

これも人によって違いがありますが、発疹に痒みを伴うこともあります。

手足口病に感染した子どもが発疹をかゆがって大変ということもあれば、手や足に少し発疹がでただけで痒みもなく治まったということもあります。

痒みがあると大変ですよね、特に夏場であれば汗もかきやすい時期ですし、皮膚の清潔を保つことが難しくなったりもします。

また寝ている間以外でも、子どもに「掻くな」と言うのも難しく無意識に手が動いてしまうものです。

また子どもによっては他にアレルギーがあったり、手足口病の発疹が原因で何らかのアレルギー症状が出ることもあったりと、痒みの症状ひとつでも油断できない時もあります。

 


Sponsored Link


 

対処法はあるの?

痒みを伴ったときの対処法についてみていきましょう。

まず痒みがある場所を冷やすことで和らげることができます。冷却シートを貼ったり、水泡になっていて気になるのであれば冷やしたタオルを当てることで対応できます。

また市販の痒み止めを使用することもできます。

痒み止めの薬は使用できますが、ステロイド剤の入っているものは手足口病のウイルスを拡げてしまう恐れもあります。さらに水泡が破けてしまいそうな状態の時は市販の薬で対処するのは避けたほうが良いでしょう。

痒みが酷い時や、痒みで水泡が破けてしまいそうな状態である時は、病院で処置を受ける方が適切です。小児科へ行き診てもらいましょう。

そして、夏場であれば部屋の温度は適度に涼しく、汗をかいているときは優しく拭いてあげましょう。

 

 

まとめ

子どもの手足口病でできる発疹には痒みを伴うこともあることが分かりました。

痒みは我慢できるものではないので、大人が適切に対処することで和らげたり、酷いときには医師に相談し対応していくことが大切ですね。

また発疹はポツポツと出始めてから3~4日が発疹の多くなるピークとも言われています。発症してから3~4日は一番痒みも辛いですが、順調に回復していけば、病気が治る1週間後には発疹も赤色から茶色に変わり消えてなくなっていきます。

また子どもは新陳代謝が良いので、発疹の後も早くになくなります。

痒みは辛いですが、上手く対処してあげることで子どもも、看病する大人も少しでも安心できるのではないでしょうか。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ