大人の手足口病とは?症状に下痢や高熱がある時は?

131

子供の病気として馴染み深い手足口病ですが、原因ウイルスは大人にも感染します。

大人が手足口病に感染すると重症化する場合が多いことがわかっています。

重症化例の1つとして、手足口病の特徴でもある発疹の他、様々な症状がでると言われています。

今回は大人が感染した場合の発疹以外の症状についてまとめました!


Sponsored Link



大人も手足口病に感染するの?

132

手足口病の感染割合は子供が90%程度、大人が10%程度と、大人にも感染する危険のある病気です。

大人の感染確率は0.6%程度と言われていますが、原因ウイルスの免疫がなければ感染する可能性はあります。

 

大人が感染した場合の症状は?

133

冒頭でもお伝えした通り、大人は重症化する場合が多いのです。

子供よりも発生する症状は多く、同じ症状でも大人の方が辛いことが多いのです。

大人が手足口病に感染した場合の症状例をご紹介しますね。

 

■手足の発疹
手足に水疱性の発疹ができます。

■口内炎
口内炎が多数発生します。

■発熱
大人の感染者のうち30%程度は40度近い高熱を出します。

■頭痛
髄膜炎などの合併症を起こす可能性もあるので、酷い頭痛には注意が必要です。

■筋肉痛、関節痛
風邪の時と同様に節々が痛いと感じることがあります。

■悪寒
発熱の初期症状として身体がゾクゾク、ガタガタするような寒気を感じます。

■下痢
初期症状として下痢などの胃腸障害を起こすこともあります。

■嘔吐
子供にもある症状ですが、症状が酷い場合は髄膜炎や脳炎の危険もあります。

■その他
・極めて稀ですが、脳炎、髄膜炎などの合併症を引き起こすことがあります。

・すべての症状が回復した後、数週間後に爪が変形したり、剥がれたりすることがあります。

 


Sponsored Link


 

 

手足口病でなぜ高熱や下痢になるの

134

手足口病は発疹のインパクトが大きいせいか、特別な病気と思われがちですが、夏風邪の一種なんです。

とても単純に言ってしまえば「風邪」です。

風邪というと咳や鼻水の印象が強いですが、風邪を引き起こしている原因により症状は異なります。

風邪の場合は、細菌感染、ウイルス感染が主な原因になります。

手足口病は原因がウイルスなのでウイルス性の夏風邪ということになりますね。

 

■高熱が出る理由

ウイルスや細菌に感染すると、身体を守るために増殖を抑える働きをします。
この働きが発熱なんです。

熱を出すことでウイルスを闘っているのです。

 
■下痢になる理由

下痢は一般的に解毒をするためと言われています。
また、手足口病の場合は腸内でウイルスが繁殖している可能性もあります。

安易に止痢薬(下痢止め)を使ってしまうと、体内から毒素の排出ができず治りにくい原因になりますので注意が必要です。

 

 

高熱が出た時に自分でできる対処法は?

135

基本的に発熱をしている時は身体がウイルスと闘っています。

そのため、すぐに解熱をするよりも熱とうまく付き合うことも選択肢として考えたいですね。

ここでは高熱が出た時の対処法をご紹介します。

 

■初期段階での対処法

熱が上がっている間は寒気を感じることと思います。
その間は暖かい服装で布団に入るなどをして体を温めてください。

 
■熱が上がりきったら

熱が上がりきると、余分な熱を出そうとして、汗をかき始めます。

体内の水分が熱と一緒に蒸発しますので、汗をかくことは解熱への第一歩なんですよ。

但し、脱水症状予防のためにしっかりと水分補給をしてくださいね。

口内炎の痛みで一切の水分を受け付けない場合は、医療機関を受診しましょう。

服装は初期段階よりも薄着に替え、汗で濡れた服はこまめに着替えることが大切です。

濡れた服をそのまま着ていると身体を冷やし、更に熱が上がりますので、注意してください。

この段階にきたら氷枕などで少し頭付近を冷やすと気持ちいいかと思います。

これは解熱のためではなく、火照った身体に少しだけ冷たさを与える程度だと思ってくださいね。

 
■高熱が続いている場合

高熱が続くと体力の消耗が激しくなりますよね。

手足口病自体は長く続く病気ですので、体力を消耗するほどの熱の場合は熱が引くように体を冷やします。

但し、すぐに解熱剤を使用するのではなく、頭やおでこ、脇の下などを冷やすだけでも効果がありますので、まずは冷やすことを試してくださいね。

 
・冷やす場所

おでこ、頭、首の後ろ、脇の下、足の付け根などが一般的です。

冷やす場所は基本的に頭部やリンパが通っているところになります。

尚、首の後ろは効果的な場所ですが、脳に続く血液が冷えるため、他の部分を優先的に試しましょう。

 
・冷やす方法

保冷剤にガーゼやタオルを巻くやタオルで巻き、冷やしたい場所に当てます。

保冷剤がない場合は、氷をビニール袋に入れ、ガーゼやタオルで巻くことで代用できます。

この他に市販の冷却シートがありますが、効果について賛否両論あります。

一部の医師は解熱作用はないと断言しているほどですが、実際使用した方は効果を感じたとする方も多数います。

おでこに貼るだけでは大きな効果は期待できないかもしれませんが、冷却するシートであることは間違えありませんので、貼る場所や枚数によっては解熱効果もあるかと思います。

尚、小さな子供の場合は冷たさにビックリして貼ることを拒んだり、某メーカーの冷却ツブを怖がり貼らせてくれないなどあるようですよ。

 
■最終手段の解熱剤

上記の方法を試してもまったく熱が下がらず、体力が消耗している場合は、解熱剤を使用します。

解熱剤を使用するタイミングについては人それぞれ症状や体力が異なりますので、明示できませんが、医師の場合は概ね38.5度以上の熱が出た時に解熱剤を処方することが多いようです。

市販の解熱剤で効果が期待でき、有名な物としては「ロキソニン」があります。

但し、解熱剤には各々副作用もありますので、極力病院で処方してもらった薬を使用してください。

市販品を購入する場合も薬剤師に症状をよく伝えたうえで選択、使用すると安心ですね。

 

 

下痢の時の対処法は?お腹を暖めると良い?

下痢が続く場合に一番注意したい症状が脱水症状です。

特に手足口病の場合は口内炎が原因で水分補給もうまくできない中、更に下痢により体内の水分が奪われることが考えられます。

下痢はウイルスを体内に排出する役割を持っています。

この排出の際、水分と一緒にナトリウムやカリウムを含んだ体液が大量に排出されてしまいます。

このことから下痢に注目した場合の水分補給は、体液を補うことができる経口補水飲料が理想的です。

尚、尿の色濃くなり、量も減ってきた場合は腎不全の危険がありますので、早めに医療機関を受診してください。

それでは高熱に続き、下痢の症状がある場合の対処法をまとめました!

 

■基本的に止痢薬は使わない

いきなりですが、下痢は止めないで出し切ることが最良とされています。

この理由はやはりウイルスの排出を止めてしまうことになるからですね。

あまりに辛い症状の時は医師に相談をすることをおすすめしますが、医師も止痢薬を処方することはほとんどありません。

処方する薬はほぼ整腸剤となります。

下痢の症状に処方される代表的な整腸剤をご紹介しますね。

・ラックB
主な成分がビフィズス菌製剤散となっており、腸内にビフィズス菌を増やすことでウイルスの増力を抑え、腸内のバランスを正常にします。

・ビオフェルミン
耐性乳酸菌製剤散を主成分とし、腸内で乳酸菌を増やしてウイルスの増殖を抑え、腸内バランスを正常にします。

 
■お腹を温めよう

直接的に下痢を止める効果はありませんが、お腹を温めることで腹痛や急激な下痢を和らげます。

下痢をしている時は腸の筋肉が緊張している状態ですので、温めることで緊張がほぐれ、正しく動くようになります。

また、温めることで体力の回復にもつながりますよ。

一般的に過敏性腸症候群や、冷えからくる下痢に効果的とされる方法ですが、ウイルスが原因の場合でも辛い症状を緩和してくれます。

 

 

おすすめのお腹を温める方法は?

136

お腹を温めるにはどんな方法があるのでしょうか。

温かい食事を摂るのが一番ですが、手足口病では口内炎があるため温かい食事はほぼ摂れません。

手足口病でなければお風呂もおすすめしたいところですが、他の症状により入浴が難しかったり、感染原因になったりもしますのでここでは省きます。

それでは、おすすめのお腹の温め方をご紹介しますね!

 

■カイロを貼る

市販のカイロは優秀です!
私の子供の頃はありませんでしたが、今では貼るカイロが普通に市販されていますよね。

このカイロをお腹に貼るだけで、ポカポカ温まります。

 
■お腹をさする

手元にカイロがないっ!?
そんな時の応急方法は、自分の手でお腹をさすってください。

お腹をさすることで摩擦が発生し、徐々に温まりますよ。

尚、「気」の世界の方から伺った話では、お腹をさする手は利き手と反対の手が良いそうです。

利き手は普段よく使われることから気が減っている状態ですが、反対の手は気がたまっていることが多く、その気がお腹に効くんだそうですよ!

 
■湯たんぽを使う

最近ではレンジで温めるタイプの湯たんぽも市販されていますよね。

湯たんぽは昔から使われていますが、ほどよく温めるには最適です。

もしも湯たんぽを持っていない場合は、空のペットボトルにお湯を入れて代用できます。

どちらの場合も、低温やけどにならないようタオルを巻くなどの工夫をしてくださいね。

 
■腹巻き

急激に温める方法ではありませんが、お腹に一枚布があるだけで、温まり方がまったく違うようです。

腹痛や下痢だけでなく、お腹を温めることでいろいろな健康効果があると数年前から人気が集まっていますよね。

 

 

まとめ

今回は、大人が手足口病に感染した場合の高熱と下痢に的を絞ってみました。

いかがでしたか?

高熱や下痢は手足口病だけでなく、様々な病気に出る症状です。

手足口病に感染してしまった方はもちろん、その他の方に役立つ情報だと思いますよ!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ