熱中症対策グッズって?子供向けのグッズはあるの?

551

子どもは、大人よりも熱中症に罹りやすく、死亡リスクも高いといわれています。
子どもや乳幼児は、大人と違い自分で熱中症対策をとることができません。

保護者や周りの大人がきちんと目を配り、健康状態を把握し、こまめに水分補給をしてあげたり、熱中症の対策をとらなければいけないのです。

今回は、そんな子どもたちを守るための熱中症対策グッズについてと、どんなことに気をつければいいのかを説明します。


Sponsored Link


こんなことに気をつけて、子どもの熱中症対策

子どもは大人よりも、体力がないため一度熱中症になってしまうと、重症化しやすいといわれています。

特に、乳幼児や小児は体温調節機能が未発達で、汗をかく機能が大人よりも未熟です。このため、大人以上に身体に熱がこもりやすいといわれています。

結果、少しでも暑い部屋に置かれ続けたり、長時間水分補給ができないと、体温が高くなり熱中症に罹りやすいといわれています。

また、子どもは大人よりも身長が低いため、道路や地面からの輻射熱を直接的に影響を受けやすく、地面からの照り返しのために熱中症になってしまうこともあります。

さらに、子どもは新陳代謝が活発なため、すぐに汗をかきます。汗を大量にかく夏は、こまめな水分補給を心がけていないと、すぐに脱水症状を起こし熱中症へとつながってしまいます。

旅行やキャンプ、海水浴など屋外で楽しめるレジャーが増える夏は、特に子どもの行動に気をつけておかないといけないですね。

また、乳幼児は自宅や屋外での熱中症罹患率が高く、小学生児童は学校の運動時に罹患しやすいといわれています。

日当たりのいい部屋に乳幼児を置くようであれば、遮光性のカーテンやすだれなどを使って、日光を抑えたり、風通しをよくするなどの工夫が必要です。

運動時に起こる熱中症に関して、学校で体育の授業を屋外で行う場合は水分補給を徹底させるなどの呼びかけが必要になってきます。

 

 

熱中症対策グッズで、子どもの熱中症を予防しよう!

552

なかなか目が届かなかったり、気づかなかったりする子どもの行動や、乳幼児の状態。
気温が上がりそうな日は、あらかじめ熱中症の対策をとるようにし、

重症化しないように、熱中症の予防を行うことが大切です。ここでは、熱中症予防に便利なグッズを紹介します。

 

■(田中帽子) 日本製 子供用 動物 麦わら帽子 

かわいいペンギンさんやくまさんの形をした麦わら帽子です。あご紐がついているので、風が強い日でも安心!

楽しく熱中症対策ができるグッズは、子どもにとって楽しいものですね。
(出典URL:http://item.rakuten.co.jp/3df/uk-h010?s-id=top_normal_browsehist&xuseflg_ichiba01=10002556)

 

■ニックナック BABY POPPINS おやすみピローひんやり枕 ひんやりジェルピロー 冷却 クール

道路の接地面が近くなるベビーカーでのお出かけ。日よけをつけたり、高さが調節できるものなら、高めに高さを調整することも大切ですが、

プラス、頭を適度に冷やしてくれるかわいい動物さんのジェルピローを使ってみては?
フワフワ素材なため、冷えすぎない優しい作りになっています。
(出典URL:http://item.rakuten.co.jp/huitcolline/lmg-88130?s-id=top_normal_histreco_bh)

 

■プラレールスカーフ キッズひんやり
活発に動き回る子どもには、あらかじめ熱中症対策をしっかりしておきたいところです。
かっこいい新幹線の形をしたクールスカーフは、男の子にとってはワクワクしますよね。

スカーフの中に、吸水シートを入れて使うタイプなので、吸水シート水に浸し水分をとってからスカーフに入れます。

熱のこもりやすい首は特に、しっかりと冷やして熱中症対策をしましょう。
(出典URL:http://item.rakuten.co.jp/zakkanetonline-trans/lp-6002-001/)

 


Sponsored Link


 

 

その他気をつけたいこと、もし赤ちゃんが熱中症になってしまったら?

553

意外な場所で熱中症になりやすい乳幼児や子ども、大人の何となくの感覚で水分補給を行うなど、不適切な対応をとってしまうと、あっという間に症状が悪化してしまいます。

とくに、乳幼児の場合は、脱水症状になると皮膚にハリがなくなっている状態、口周りがカサカサになっている場合やぐずる時間が増える場合は、

熱中症のなりかけを疑ったほうがいいでしょう。

また、うんちやおしっこの状態を確認し、うんちがいつもより硬くなっていたりおしっこの回数が減っていたら要注意。

すぐに、涼しい場所に移動し身体を冷やしてあげましょう。ナトリウムやカリウムの含まれたイオン飲料や子ども用の麦茶などを飲ませるようにします。

意識状態がはっきりせず、経口からの水分補給ができない場合はすぐに救急車を呼びましょう。

言葉を発することのできない乳幼児は、いつもの健康状態をしっかり把握していないとわからないことが多いので、

いつもと様子が違う場合は緊急の医療機関にすぐ取り次げるように、最寄の病院についても知っておきましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?大人にとっても怖い熱中症は、抵抗力や体力のない子どもや乳幼児にとっては、もっとも命に関わる脅威です。

日ごろから帽子を被らせたり、こまめな水分補給を行いながら日ごろから熱中症対策を行うことが大切です。

熱中症対策グッズをうまく使いながら、暑い夏を乗りきりっていきましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ