熱中症で倒れる!処置の方法をまとめ!

531

長時間の炎天下での屋外作業や、営業の外周り、長時間の運動など、つい熱中してしまい終わった後に、何だか身体がだるかったり、気分が悪くなったりしていたら・・・・。

それは、軽い熱中症になっていた可能性があります。熱中症は、ただ単に暑さにやられた
という一時的な症状ではなく、内臓疾患などの後遺症を残してしまう病気です。

後遺症を残さないためにも、熱中症は早めの処置が大切です。今回は、もしあなたの周りで熱中症のサインがみられたらできる処置について説明します。


Sponsored Link


熱中症の原因は、脱水症状。そのサインを見逃さないで!

熱中症にかかる前には、さまざまなサインがあり段階があるといわれています。熱中症の主な原因は、「脱水症状」です。

通常、人間の身体は暑いと感じる場所にいる場合、体温調節機能が働き汗をかいて、身体の熱を冷やしながら、外へ逃すようにできています。

しかし、長時間、暑い環境の中で水分補給をせず、涼しい場所で適度に休憩を挟まないでいると、汗をかきっぱなしの状態が続くことになります。

結果、脱水症状を起こしてしまい熱中症になってしまうのです。そのまま放置してしまうと、手足のけいれんや意識障害を起こします。

さらに、重症化してしまうと適切な体温調節ができなくなるため、自律神経に障害が起こり、汗が出にくくなってしまいます。

ついには、細胞の変性や破壊が起こり始め多機能不全になってしまい、死に至ってしまうことも珍しくありません。

また、熱中症の怖さは「ただ単に、暑さにやられただけ」と思っていても、実は軽い熱中症を起こしていたというケースが多々あります。

毎年、夏になるたびに40℃超えの気温が当たり前になりつつある昨今、いつでも誰でもなる可能性がある病気なのです。

 

 

熱中症の段階とその症状の特徴 早めに手を打つことが重症化を防ぎます

532

熱中症になる前には、3段階の過程があります。

 

■熱失神・熱けいれん
手足のけいれんや、めまい、正常な受け答えができるけれど熱に浮かされたようにボーっとしている状態。

炎天下の中で、身体がふらついていて真っ直ぐ歩けない人をみたら注意したほうがいいでしょう。

 

■熱疲労
大量に発汗し、ナトリウムやカリウム不足によって起こされる症状。発汗が多く、顔色が蒼白、頻脈、吐き気、身体が冷たいなどの症状が見られます。

急にしゃがみこんだり、顔色が悪い場合は熱疲労を起こしている可能性を考えたほうがよさそうです。

 

■熱射病
意識が混濁状態、または意識がない状態に陥っている。発汗が止まっていて、身体が異常に冷たくショック状態を起こしているなどの症状が見られます。

急に倒れこんだり、呼吸が浅い状態になっている人がいたら、熱射病と考えて間違いないでしょう。命に関わるので発見したら、すぐに救急車を呼びます。

熱疲労や熱射病はすでに、熱中症に罹ってしまっている状態と考えていいでしょう。

熱中症の予防は、熱けいれん・熱失神の時点で早めに、水分補給や涼しい場所で横になる、身体を冷やす、

ベルトやバックルなど身体を締め付けているものを緩ませるなどの処置を行うことが大切です。

 


Sponsored Link


 

症状別の応急処置、救急車を呼んでいる間にできること

533

熱中症で倒れてしまった人やなりかけている人をみたら、まずは声掛をしましょう。

呼びかけをしながら、意識の確認を行い、意識が混濁状態、もしくはない場合。救急車を呼ぶ必要が出てきます。

まず、熱けいれん・熱失神を疑う場合、正常には答えているけれど、けいれんを起こしていたり、身体がふらついているなどの症状があらわれています。

速やかに、エアコンの効いた室内や木陰に移動させ、スポーツドリンクで水分補給をさせます。

とにかく、冷やしたタオルや保冷剤などで身体を冷やします。大きなリンパが流れているわきの下、首、足の付け根などに当て、効率よく身体を冷やします。

ある程度冷えたら、筋肉の強張りを和らげるためにマッサージ、できるようであればストレッチを行います。とにかく安静にし、回復すれば特に問題はありません。様子を見ながら、病院へ行くか行かないかを判断します。

受け答えができるけれど、異常な発汗なのに身体が冷たい状態だったり、顔色が蒼白、頻脈の状態の場合など、熱疲労が疑われる症状の場合、

まずは、エアコンの効いた室内や木陰に運び、とにかく身体を冷やすようにします。
もしくは、冷水をかけ、団扇や扇子などで風を送り効率よく冷やすようにしましょう。

顔色が悪い場合は、タオルやバッグで足の位置を高くします。

ベルトやバックル、前開きのファスナーやボタンの服などを身につけている場合、外したり、緩めたりして身体全体の風通しをよくしましょう。

水分がとれるようであれば、スポーツドリンクを補給してもらいます。なかなか回復しない場合は、医療機関へ運ぶようにします。

回復しそうなら、体調の変化を見守りながら様子を見て、後日医療機関に行くなどのアドバイスをするといいでしょう。

次に、意識が混濁していたり、まったく意識がない場合はすぐに救急車を呼びます。
高体温で、発汗がない場合は熱射病と考えて間違いありません。

救急車を待つ間に、呼吸や脈拍を確認し速やかに涼しい場所に運びます。一人で行うのは大変なので、周りの人に協力をお願いしましょう。

正常に受け答えができる場合は、熱疲労の処置と同じように身体を冷やし、足の位置を高くするなどの応急処置を行うようにします。

呼吸をしていない場合、意識がない場合はすぐに人工呼吸、心肺蘇生を試しみます。一説には、感染防止具がない人工呼吸は感染症防止のためにあまりおすすめされていません。

人工呼吸に抵抗がある場合は、心肺蘇生だけでもよいそうです。

心肺が止まっている場合、AEDの必要性も出てきます。身近にAEDが設置されていれば、AEDを優先的に利用します。
使う場合の注意点ですが、AEDはタオルで汗を拭き取ってから行うようにしましょう。
そばに通電性のある資材や金属がある場所では絶対使ってはいけません。

心肺蘇生や人工呼吸は、呼吸の回復、脈拍の正常化が確認できるまで続けます。

また、正常な受け答えができる場合でも、熱射病に罹っている疑いがあるので、救急搬送を依頼しましょう。

 

 

熱中症を詐病するのはやめましょう

534

熱中症の口コミや相談の中にごく稀に見られるのが「熱中症になって倒れたい」という相談です。

主に、小・中学生などに見られる相談なのですが、部活動の練習が激しかったり、なかなか休ませてもらえなかったりすることが背景にあるのだそうです。

いいづらいことかもしれませんが、辛ければ一言顧問の先生に休ませてほしい旨を伝えたほうがいいでしょう。

仮に、熱中症を詐称して倒れたとすると、周りの人に多大な迷惑をかけます。後のことを考えると非常に迷惑で、部活動廃止や中止などもっと大きな問題となってしまいます。

暑くて辛いのは、あなただけではなく、他の人も同じ思いを抱えている可能性があります。

もしかしたら、本当に倒れてしまう人も出てくるかもしれないので、あなたの「休みたいです」の一言で、救われる可能性もあるのです。

ぜひ、勇気を持って、暑い日はもう少し休憩を挟んでほしいことや休みたいという一言をを伝えてみてください。

 

 

まとめ

いかがでしたか?熱中症は一時的な症状ではなく、非常に恐ろしい病気です。毎年、40℃超えや酷暑が叫ばれ続ける昨今、熱中症に罹る人の割合は増えているのだそうです。

熱中症は、身近で誰でもなり得る病気です。もし、あなたの周りで熱中症の症状が疑われる人がいたら、声をかけましょう。

その一言が、命を救う鍵になります。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ