熱中症で救急車を呼ぶ場合!判断やタイミングはどうする?

491

5月も下旬に差し掛かり、気温の高い日が少しずつ増えてきました。
場所によっては、すでに最高気温が30度を記録したところもありますね。
都内でも、最高気温が25度以上の日が続き、もうすっかり夏の気配です。

ところで、5月上旬にすでに今年初の熱中症患者が出たことはご存知ですか?
今年は猛暑が予想されることもあり、
昨年以上に熱中症への警戒を呼びかける声が強まっています。

調査によると、猛暑の年とそうでない年とでは、
熱中症での救急搬送率は大幅に異なるそうです。

熱中症でも症状が進行すれば、もちろん他の病気と同様、
救急車による搬送と病院での処置が必要になります。

もし万が一ご自身や周りの人が熱中症を発症した場合、
救急車を呼んでいいのか、どういったタイミングでその判断を下すのか、など、
気になってしまうことは沢山あるかと思います。

今回はそういった不安や疑問を、一緒に解消していきましょう!


Sponsored Link



救急車を呼んでもいいの?自分で救急車を呼ぶのは抵抗がありますよね?

ここ数年、軽症での救急車の利用が問題になっているため、
自分で救急車を呼ぶことに抵抗がある方は、非常に多いです。

熱中症は、初期症状であれば、
身体を冷やす、水分と塩分を補給する、などの応急処置で回復可能なものですので、
余計にそう感じてしまいがちですよね。

ですが、熱中症も一定のレベルを超えると、
体内のあらゆる器官に影響を及ぼすため、
専門的な知識を持った医師による治療が必要となります。

つまり、熱中症でも危険なレベルになったら、救急車を呼んでも構いません。
むしろ、生命に関わってきますので、必ず呼びましょう。

 

軽症と重症の境目は?知っておきたい熱中症の3つのカテゴリ!

492
熱中症には、その症状に合わせて3つのカテゴリが設定されています。

Ⅰ度がいわゆる軽症と呼ばれるもので、

・めまい、たちくらみ
・筋肉痛、筋肉の硬直

などがこれに当たります。
これは、暑さの影響で血流が早くなってしまっていることや、
汗による水分・塩分不足によって発生する初期症状です。

こちらは応急処置で回復可能です。

Ⅱ度は中程度の症状で、

・頭痛
・吐き気、嘔吐
・倦怠感、集中力や判断力の低下

などです。

脱水症状により血流と血液の質が悪くなっており、
また、水分・塩分が減ってきている影響で、
身体を冷やすための汗が出にくくなっているため、
体内に熱を溜め込み始めている状況です。

応急処置だけでは間に合わなくなりつつありますので、
病院への診察が推奨されるレベルです。

Ⅲ度がいわゆる「重症」と呼ばれる段階です。

・高体温
・意識障害
・けいれんなどの運動障害
・肝臓や腎臓の機能障害

などが挙げられます。

完全な脱水症状により、血液の凝固が起こり、肝臓や腎臓の機能に影響を与え、
塩分の欠乏が原因で、筋肉の収縮トラブル、つまりはけいれんが発生します。

さらに汗が完全にストップすることで、体温が下げられることなく、
外気温の影響のまま上がり続け、脳がヒートアップしてしまっています。

493
脳に影響が出始めますと、命に関わってきますし、
また、早急に対処をしないと後遺障害が残ってしまう可能性も出てきます。
迷わず救急車を呼んで下さい。

 


Sponsored Link


 

救急車を呼ばなければいけない段階を手っ取り早くチェックするには…

Ⅲ度の症状になったら救急車を、というのはお分かり頂けたかと思いますが、
実際は教科書通りにはいかないものですし、
どのカテゴリに属しているのか、見た目だけでは分からない場合もありますよね。

そんな時には、

・飲み物を自力で飲めるかどうか
・話しかけられたことに正しく返答できるか

この2点をチェックするだけで、現状どのレベルなのかの確認ができ、
救急車を呼ぶべきかどうかの判断ができますので、
熱中症が疑われる状態になった段階で必ず行いましょう。

Ⅲ度まで症状が進行していると、
手足のけいれんが発生したり、意識がもうろうとしたりするので、
手にものを持つ、そして水分補給をする、
という当たり前の行動が出来なくなります。

494
自力で水分補給ができないと、病院での点滴に頼るしかなくなってしまいますし、
手にものを持てないというのは、深刻な脳へのトラブルですから、
すぐに救急車を呼びましょう。

他には、「話しかけられたことに対する返答」でも判断することができます。
意識がなく返事がない状態ですとか、
意識があって返答もあったとしても、そのつじつまがあっていない等の
異常さが感じられれば、意識障害の発生が確認できます。

上記のどちらにも相当しない、Ⅱ度レベルの症状であるような場合でも、
最寄りの病院まで時間がかかるような状況であったり、
病院へ連れて行く間に、身体を冷やすなどの応急処置ができないなどの状態であれば、
緊急性を優先して、救急車を呼びましょう。

 

救急車を呼んだ後もできることがあります!

救急車を呼んだ、さあ安心だ…ではありません。

熱中症の症状の進行スピードはとても速いので、
救急車が来るまでの間にも、少しずつ症状は重くなっていっているんですね。

確かに救急車を呼ぶ段階になってしまうと、私たちに治療することはできませんが、
その進行を遅らせることはじゅうぶん可能です。
そのためにできることも、しっかりと覚えておきましょう。

 
■体温を下げる工夫を!
日の当たる暑い場所で救急車の到着を待つなど、もってのほかです。
少しでも涼しい場所へ移動しましょう。

その際に、濡れタオルや、
用意できるようでしたら氷と少量の水をビニール袋に入れた簡易氷のうなどで、
身体表面を冷やしましょう。

特に頭、首筋、わきの下、内ももの付け根など、
太い血管が通っている場所を冷やすと効果的です。

495
いずれも用意できないようなら、水を身体にかけるだけでも構いません。
これは蒸散冷却といい、汗の代わりを水にしてもらう、れっきとした冷却法です。

 

■服をゆるめる!
少しでも風通しが良くなって涼しくなるだけでなく、
血液が少しでも通りやすい状況を作ってあげることができます。

シャツのボタンやベルト、女性であればブラジャーのホックなど、
外せるものは外してあげましょう。

 

■水分補給を!
体内のミネラルバランスの調整をできる限り行いましょう。
スポーツドリンクや塩入りの清涼ドリンクなどで構いません。

ですが、意識障害やけいれんがあったり、
そうでなくとも嘔吐が見られる場合には、無理に飲ませる必要はありません。

正しく飲み下すことができない可能性があり、かえって危険です。
これだけでも、熱中症の進行を遅らせるのにじゅうぶん有効ですから、
救急車を呼んだからといって油断せず、ギリギリまで自分で戦いましょう。

 

この記事のまとめ

熱中症がメジャーになればなるほど、
「ありふれたもの」として軽く見られがちな風潮も出てきます。

ですが、熱中症はれっきとした病気です。
しかも進行スピードが速く、重篤化したら命に関わる病気です。

それをきちんと認識して、全てを自己で解決しようとせず、
正しい知識と判断で、専門家に委ねることもしてくださいね。

また、きっちりと対策をすれば、そもそも熱中症になることはありません。
猛暑が予想される今年は、今から例年以上の対策を行って、
本格的な夏への準備をしましょうね!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ