子どもに熱中症の症状が出てるかも?寒気や腹痛のサインを見逃すな!

121

熱中症は子どもでも気をつけなければいけません。

子どもは遊ぶことなどに夢中になってしまい水分を摂らずに長時間過ごしてしまうこともあり、大人が気にかけてあげることが大切になってきます。

知らないうちに熱中症が発症して、気づいたときには目に見える症状が出ていることも?

そこで、子どもと熱中症について、症状についてや、寒気や腹痛と熱中症の関係についてみていきたいと思います。


Sponsored Link


子どもが発症する熱中症とは?

122
まず熱中症の症状についてみていきましょう。

症状は、発熱・嘔吐・頭痛・けいれん・めまい・動悸・汗をかかない、などが具体的に挙げられます。

またこれらの症状を細かくみていきます。

脱水症状が起こることで倦怠感がみられ、だるさなどがみられます。これは長時間、暑い場所で過ごすことが原因で起こる熱疲労で、血圧が下がることから頭痛やめまいの症状もみられます。

多量に汗をかくことで体の塩分が不足し、手足の震え、筋肉のけいれんがみられます。これは熱けいれんと言われ、呼吸が速くなることも症状としてみられることがあります。

熱が体にたまることで血管が膨張し血圧が低下します。それが原因でめまいや失神が起こるもので、熱失神とも言われます。

汗をかかなくなるというのは、体から出る汗がなくなっている状態とも言え脱水症状を起こしていることもあります。また体温調節ができなくなり、意識がもうろうとしたり体の反応が悪くなります。熱射病ではこういった症状がみられます。

原因の違いによりさまざまな症状がみられることがあります。

 

 

子どもの熱中症は見分けるのが難しい?

子どもは症状に対しての自覚症状がないことが多いです。

ですので、遊び疲れているだけなのか熱中症が発症しているのか見分けることが難しくなります。

また子どもは体温を調節することが十分に発達していないので、熱中症になりやすいと言われていますが慣れない症状から子ども自身も大人も、いつもと少し違うかな程度で済ませてしまうこともあります。

さらに外から帰って来てから症状が起こることから、熱中症の症状と判断することが難しいと言ったこともあります。

 


Sponsored Link


 

 

寒気や腹痛がサインかも?

子どもの熱中症は普段の様子と違うことを感じ取ることで対処してあげることが大切になります。

また寒気や腹痛など子どもの熱中症のサインとなるものがあります。サインを見逃さないことで対処できることもあります。

寒気や、手が冷たくなることも熱中症が疑われるサインとなります。これは熱中症が発症することで体温調節がうまくできなくなることで起こることがあるものです。

また腹痛は熱けいれんから見られる症状でもあります。腹部の筋肉のけいれんから痛みを伴うことで起こります。

暑い場所にいるのに子どもの手が冷たかったり、寒気がみられたり、またお腹を痛がったり、お腹を押さえたりすることがあるときはすぐに休ませ対処しましょう。

それ以外にも、顔色の変化や汗の量、唇の乾きなどもサインとなりますので気をつけて見守ってあげましょう。

これらのサインがみられたときは、病院へ連れていくことも対処のひとつになります。

対処が難しかったり、判断に困ったりするときは、無理に自分で何かしようとするよりも早い判断で病院へ行くことで早く処置を受けることになります。

そのためにもサインを見逃さないことが大切になってきます。

 

 

まとめ

子どもの様子の違いを判断し、少しの症状の現れから応急処置を取ってあげることは難しいと思うかもしれません。

しかし、普段から子どもの様子を見ているだけで違いへの気づきも変わってくるかもしれません。

また、気温が高かったり、晴れの日に外出するときは、こまめに水分をあげ適度に休憩しながら見守ってあげるだけで予防と状態変化に対応が可能になるのではないでしょうか。

暑い日は熱中症に気をつけながら元気に過ごしましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ