熱中症の後遺障害って?仕事や生活に支障はないの?

38-1

日が少しずつ長くなるにつれて、暑い日が続くようになりましたね。

間に梅雨を挟むとはいえ、いよいよ夏の到来かな、と感じられている方も
多いかと思います。

となると、やはり同時に頭に浮かぶのは、「熱中症」という言葉ですよね?

この熱中症ですが、原因がウイルスなどではなく、「暑さ」であることと、
あまりにも多くの人がかかることから、
逆に「ありふれたもの・なんとかなるもの」と軽視してしまう人が、
未だに多いのだそうです。

熱中症は、原因や症状が多岐に渡るだけでなく、
ウイルスのように薬や手術で物理的に解決することができないため、
実はとても厄介なものなのです。

処置を誤ると、後遺障害が残ることもあるんですよ。
今回は、そんな熱中症の後遺障害についてお話ししたいと思います。

これを機にもう一度、熱中症への意識を見直してみましょう!


Sponsored Link



熱中症で後遺症!?熱中症のメカニズムから原因を考えてみましょう!

熱中症とは、簡単に言ってしまえば、
「暑さによる汗のかき過ぎが原因の、水分・塩分不足と、体温調節機能の異常、
それに伴い発生する身体機能の異常」です。

つまり、熱中症の症状は、水分・塩分不足での症状、体温調節機能の異常での症状、と
ざっくりと二つに分けることが出来るというわけです。

初期症状の

・めまい、ふらつき
・足がつる
・腹痛

など段階で適切な処置が行われれば、後遺症が残ることはほとんどありません。

ですが、それを放置して症状が進行し、

・頭痛
・吐き気
・発熱、寒気
・意識レベルの低下

などの症状が出始めてしまった場合、
外気温の影響を身体が処理しきれずに、脳にまで熱が及んでいる状態になるため、
後遺症が残る可能性が一気に上がります。

脳にまで熱が及んでいる、というのは、多かれ少なかれ、
熱による脳細胞の破壊が起きてしまっているということです。
特に意識障害が起きるレベルですと、回復できないまでに破壊されている状態と言っても、
過言ではありません。

38-2
熱中症の後遺症、というのはつまり脳の細胞がどれくらい影響を受けているか、で
その重さが変わってくる、ということです。

 


Sponsored Link


 

 

いったいどんな後遺症が!?後遺症と後遺障害の違い

時々「病院で『後遺症は出ない』と言われたのに、後遺症が出た!」という話を聞きます。
これには「後遺症」という言葉の意味から考えなければいけません。

「後遺症」というのは、
「病院での治療が終了した後も残ってしまった症状」のことを指します。
そして実はこの「後遺症」という言葉のなかには、
もう一つのカテゴリが含まれていまして、それがタイトルにある「後遺障害」になります。

「後遺障害」というのは、

「治療終了後に残ってしまった症状」で
「それ以上良くも悪くもならず」、
「労働能力に支障をきたす症状」

の3つを満たしたものを指します。

ここで着目したいのが、「それ以上良くも悪くもならず」という言葉です。

これはつまり、「後遺症」自体には「そこから良くなる」ものも含まれていることを
示しています。

「病院で『後遺症が出ない』と言われた」というのは、
「後遺障害は出ない」という意味だった、ということですね。
ですから、その場合に出た後遺症というのはいずれ良くなるもの、ということです。

ちなみに熱中症の後遺症として挙げられるものとして、

・頭痛、関節痛
・筋肉の張り
・耳鳴り
・吐き気

などがありますが、これらは安静にしていれば、2週間から、長くても1か月で完治します。

38-3
ですが、

・記憶力の低下
・注意力の低下

は、対人関係や日常生活に支障をきたす「高次脳機能障害」にカテゴライズされますので、
後遺障害の扱いになります。

 

万が一に備えての保険!…熱中症は対象外なことも!?

このご時世、大抵の方は保険に入ってらっしゃると思います。

熱中症で病院の治療を受ける場合、もしも後遺障害が残ってしまった場合などは
多額のお金が出ていく可能性が高いわけですから、
保険を利用しよう、と思われるのは、とても自然なことです。

ですが、今加入されている保険、今のうちに見直しておいた方がいいかもしれませんよ?

38-4
それは何故かと言いますと、
保険によっては熱中症は補償対象外になることがあるから、なんですね!

生命保険では、ケガ・病気の双方に補償が行われますが、
これが障害保険だった場合、熱中症は補償対象外になってしまうんです。

これは何故かと言いますと、障害保険では、
「事故などの、偶然で急な日常でのケガ」への補償が行われます。
この場合、体内の異常が症状のメインである熱中症は「病気」と見なされてしまうんです。

ですが、最近では熱中症がかなりポピュラーな存在になってきたためか、
障害保険でも、熱中症による通院・入院や、後遺障害を保障する特約を付けた
商品が増えてきました。

お子さん向けのものなどもありますので、
障害保険をご利用の方は、一度ご自分の契約状況を見直されてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、屋外で作業することが多い職業の場合ですと、労災総合保険の他に、
障害保険を法人で契約している場合がほとんどです。
法人で障害保険を契約する場合は、熱中症の特約は必須なので、
勤務中の熱中症の場合は、安心して障害保険も利用してください!

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?
熱中症は重篤度の開きがとても広い、ということは意外に忘れられがちです。

38-5
症状が進行すれば、身体機能、特に脳へのダメージが大きく、
後遺障害が残ることもある、というシビアな面をきちんと把握しておきましょう。

そうすることで、よりしっかりとした熱中症対策を行うことができ、
それらのリスクを遠ざけることに繋がります。

熱中症対策をきちんとして、健康的な夏を送って下さいね!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ