熱中症の後遺症とは?頭痛や下痢などの症状はある?

44-1

頭痛や筋肉痛のような症状が夏場に現れたら、
それは熱中症の後遺症の可能性があります。

治ったと思ったらぶり返すことが多く、
なかなか治りにくいといわれている熱中症の後遺症。

たかが暑さでと侮っていると、
重篤な症状へとつながってしまうことも…。

特に気をつけたいのが、長期間続く下痢や嘔吐です。
今回は、そんな熱中症の後遺症である頭痛や下痢について説明しましょう。


Sponsored Link


熱中症の後遺症で起こる頭痛、メカニズムは?

熱中症の後遺症は、頭痛や筋肉痛、下痢、嘔吐などがあるといわれています。
さまざまな身体の調整機能が、暑さによって調整できなくなる為です。

熱中症は、治ったと思っていても、
身体の調整機能が元に戻るまでには時間がかかるため、
後遺症として症状があらわれるといわれています。

中でも、頭痛は長時間炎天下で草むしりや仕事を行い、
適度に水分補給をしない場合に起こるといわれています。

特徴として保冷剤や冷たいタオルで冷やしていても頭痛が引かず、
時にはめまいが起こることもあります。

あまりの暑さに脳が対応できず、
脳内が炎症を起こしている可能性があるので、
脳神経外科などで脳の状態を検査する必要があります。

また熱中症による頭痛には吐き気を伴うことがあります。
これは体温調節を司る自律神経が暑さに対応できず、
バランスが崩れてしまうことによって起こるといわれています。

暑さによる体内の水分不足によって、
脳に大量の血液を流そうとし脳の血管が太くなります。

しかし、水分が不足しているドロドロした血液のため、
うまく血液を循環させることができず、頭痛が起こるのだそうです。

軽度であれば、十分に水分をとり休息をとることで回復することがあります。
しかし、長期間続いている場合、熱中症の後遺症以外の病気を
併発している可能性もあるので、放っておくともっと恐ろしいことになります。

熱中症による頭痛を放置しておくと、
1年以上、症状が続き、ダルさや下痢などの症状があらわれることも…。

とにかく、暑さによって頭痛が起こり、
いつもと違う体調変化を感じたらすぐに病院に行ったほうが良いでしょう。

実は恐ろしい、熱中症による下痢や嘔吐

44-2

熱中症の後遺症で中程度の症状といわれているのが、
下痢や嘔吐です。熱中症で起こる下痢は必ず、
嘔吐も一緒に併発するといわれています。

何週間、何ヶ月も続くのが特徴的です。
食事や水分を摂った後すぐにお腹を下したり、
嘔吐してしまうといった食中毒のような症状が起こります。

熱中症によって起こる下痢は、
大量の汗をかき体内の水分が不足し、
ミネラルや塩分が不足することで起こります。

水をいっぱい飲むだけの水分補給をすると、
体内の塩分濃度やミネラル濃度や低くなり、
身体のバランスをとろうと、水分を尿や汗によって排出しようとします。

その結果、下痢や嘔吐が起こるといわれています。

熱中症によって起こる下痢は、命に関わる病状です。
毎食後下痢や嘔吐に悩まされていると感じたら、
すぐに内科にかかることが大切です。

 


Sponsored Link


 

熱中症の後遺症によって続く頭痛や下痢、対策は?

44-3

熱中症によって起こってしまった下痢や頭痛。
すぐには病院に行けない場合、
いったいどういった対策をとればいいのでしょうか?

まずは頭痛が起こっている場合は、
とにかく安静にしていることが大切です。
しっかり水分補給をし、身体を横にして休めることを心がけます。

ここで気をつけたいのが、熱中症の頭痛は市販の頭痛薬や
頓服薬は効果がないということです。

熱中症で起こる頭痛と、通常の生活の中で起こる頭痛
症状や原因はまったく別のものなのです。

服用することで場合によっては体調不良を起こしてしまったり
することもあるので、熱中症時は、市販の頭痛薬などの服用は避けましょう。

症状が落ち着いたら、病院に行き脳波などの検査を受けるようにしましょう。

次に、下痢の対処法ですが、水分補給だけでなく
ミネラルや塩分をとにかく補給するようにします。

炎天下の作業時は、スポーツドリンクやジュース、ミネラル麦茶など、
手っ取り早くミネラルや塩分を補えるものを補給するよう心がけましょう。

また、食事で気をつけたいのが、塩分補給を普段から行うようにしましょう。
例えば、朝は必ず、お味噌汁を食べ、味噌でしっかりと塩分を補給します。

ミネラルを含む、わかめや海草のサラダを取り入れるのもおすすめです。
他にもぬか漬けや酢の物など、塩分やミネラル、糖分、酢酸の
バランスがとれた食事が大切です。

また、梅干や塩飴、塩昆布など、市販のもので手に入るので、
夏は常備しておいて間違いなさそうですね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?熱中症の後遺症で起こる頭痛や下痢は、
「まだ、身体の調整が取れないよ」。というサインです。

熱中症が治ったなと思っても油断は禁物です。熱中症は
何も暑い環境や激しい運動などによって起こるわけではなく、

例えば、水分補給をほとんどせず、室内で仕事をすることで
起こったり、エアコンの温度調整が不十分なことによっても起こります。

いつの間にか、なっているかもしれない熱中症、
ぜひできることから予防をし、頭痛対策や下痢対策に繋げていきましょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ