熱中症の後遺症で自律神経失調症に?治療や対策は?

37-1

熱中症が治っても、なかなか治らない頭痛やダルさ、耳鳴り・・・・。もしかしたら、その症状は、自律神経失調症かもしれません。

熱中症によって起こってしまう自律神経失調症は、放っておくと熱中症を繰り返しやすくしてしまうことも。

今回は、熱中症によって起こってしまう自律神経失調症について症状や治療法について説明します。


Sponsored Link


自律神経失調症ってどんな症状?自律神経の仕組み

自律神経は、交感神経と副交感神経という2つの神経によって成り立っています。交感神経は、主に人間の身体が活動しているときに働く神経です。

体温があがると活動し始める神経で、血管を収縮させ血流を減らし体温をさげる役割をもっています。

副交感神経は、この反対で身体を休めるときに働き始める神経です。血管の収縮を抑え、血流を増やして身体の体温をあげる役割を持ちます。

この2つの神経のONとOFFが、正常に働くことによって、驚いてドキドキして緊張したり、悲しいことで涙を流す精神の調整を行ったり、

外部の気温の寒暖差や刺激に対しても、体温を一定に保つホメオスタシス機能とよばれる
神経の調整機能や、ホルモン分泌を一定に保つ内分泌の調整、

ウィルスなどが身体に進入しても、抵抗力をつける防衛機能や発熱した場合に熱を下げようとする病気の予防や治療を促す免疫の調整を行っています。

これらの機能に狂いが生じてしまうと、自律神経失調症とよばれる症状が現れます。
女性の場合、排卵や月経、妊娠、更年期などの性周期が女性ホルモンと深く関わっているため、

男性よりも自律神経失調症になりやすいといわれています。

自律神経失調症になってしまうと、頭痛や身体の痛み、耳鳴り、食欲不振、不安感、身体の火照りや悪寒など精神面や身体面にさまざまな症状が現れるようになります。

病院で精密検査を受けても、身体に、直接的な障害が起こっているわけではないので「異常なし」と診断されてしまうことがあり、

診断がなかなか付かず、長引いてしまうことで余計に体調を崩してしまい、免疫力の低下を招き、最悪他の病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

風邪を引き、何度も症状をぶり返し完治しにくかったり、、頭痛や耳鳴り、食欲不振などの体調の悪さが長く続いている場合、自律神経失調症を疑ったほうがよさそうです。

 

熱中症と自律神経失調症

37-2
熱中症と自律神経失調症は、密接な関係があります。熱中症は、炎天下や激しいスポーツを行い、急速な体温の上昇を起こしたまま体温調整がうまくできなくなってしまうことで、

脱水症状に加えて、頭痛や耳鳴り、倦怠感、食欲不振などの症状が生じます。

これは、体温調節を司っている自律神経のバランスが崩れてしまうことで起こる症状といわれています。

また、熱中症は自律神経が乱れることで発症するという説と、熱中症の後遺症によって起こるという2つの説があります。

後遺症という説では、熱中症によって身体のさまざまなバランスが崩れてしまい、そのバランスを整えるために2週間から1ヶ月程度、時間がかかるといわれています。

1日で、熱中症が完治したとしても、だいたい2週間から1ヶ月は予断はできず、その間に自律神経失調症が起こるため、

熱中症の後遺症として自律神経失調症が現れるといいます。
「卵が先か、鶏が先か」のような論点ですが、いずれにしても、それだけ熱中症と自律神経失調症は、症状として似ているということです。

また、熱中症を起こしやすい人は自律神経失調症を起こしやすいともいわれています。
熱中症になりやすい人として

■糖尿病、高血圧、心臓病、肝臓病などの持病をもっている人

■抗精神約や利尿剤などの薬を服用している人

■肥満の人

■精神的、肉体的にもストレスや疲労が溜まりやすい環境にいる人。特に睡眠不足の人

■上記に関連して、工事現場、庭仕事など炎天下に身を置きやすい環境にある人

■代謝が悪く、常に冷え性で汗をかきにくい人

■運動不足

こういった条件に当てはまる人は、熱中症を何度も起こしやすいといわれ、最悪、脳梗塞を起こしてしまう可能性もあるといわれています。

特に、もともと自律神経失調症にかかっている人はさらに熱中症になる確率があがりやすくなります。

また、抵抗力や免疫力の弱い高齢者や乳幼児も熱中症を起こしやすいので注意が必要です。

 


Sponsored Link


 

自律神経失調症の治療方法、生活習慣を見直そう

37-3
熱中症によって自律神経失調症と診断された場合、症状によって薬物療法やカウンセリングなどの治療を行います。

また、もともと身体のいろいろな調節機能がうまく働かなくなっている状態なので、自律訓練法やハリやマッサージ、整体なども取り入れます。

さらに、自宅でできる自律神経失調症の治療方法として、規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。

特に、冷え性で汗をめったにかかない人や運動不足の人は、ウォーキングやストレッチ、ヨガ、ダンベル運動などの有酸素運動を行うと、だいぶ症状が緩和されるといいます。

夏場、暑いからといってエアコンをかけすぎないようにするのも大切なことです。1時間経過したら湿度を変えたり、

スイッチを消して換気を行うなど自分で調節することが大切です。

保冷剤や冷たく絞ったタオルなどを使って、汗をかいた部分やリンパの通りやすい脇や脚の付け根、首などを適度に冷やすようにします。

水分を摂るときは、冷たすぎないものを摂取し、塩分や糖分の摂取も行う必要があります。日中の外出は避けて、なるべく日の当たらない午前中や夕方に外出するようにしましょう。

熱中症の予防を心がけ、生活習慣を整えることで自律神経失調症は緩和され、さまざまな調節機能も整えられやすくなります。

ストレス解消法として、アロママッサージやアロマオイルなどでリラックス効果を得るのも効果的です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?熱中症と自律神経失調症は密接な関係があることがわかりますね。
暑い季節を向かえると、暑さによって体調不良も起こしやすくなります。

ストレスを溜めず、疲れを翌日に残さないように十分な体調管理をすることが、熱中症予防と自律神経失調症対策のキーになります。

規則正しい生活を心がけ、「ちょっと無理をしているかな」「寝不足かな」と思ったら、
休息をとるようにしましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ