犬の熱中症で入院も?入院費用はいくらかかるの?

26-1

5月に入ってからというもの、汗ばむような暑さの日が続きますね。

夜こそまだ涼しいものの、じりじりとさすような日中の日差しは、
夏の訪れを少しずつ肌で感じさせてくれます。

さて、皆さんの家族の様子はどうでしょう?

暑そうにぐんにゃりしていたり、
舌を出してハァハァいうことが増えてきてはいませんか?

そうです、今日は皆さんの大切な家族の一員であるワンちゃんのお話です!
皆さんは、犬が熱中症になりやすく、そして人間はその発症に気付きにくい、
というのはご存知ですか?

私たちが気付かない間に熱中症を発症し、動物病院に運び込まれるワンちゃんが、
このくらいの時期から一気に増え始めます。
そして病院に運び込まれた場合、その多くが入院措置になります。

もちろん、そうならないのが一番ですが、そんなことがもし起こったら…
とても不安ですね。

今回は熱中症による犬の入院について、気になる動物病院の選び方や、
ちょっと質問しづらい入院費用のことまで、
皆さんの不安をひとつずつ解消していきたいと思います。


Sponsored Link



犬が熱中症にかかりやすいその理由!気付いてあげられないのはどうして!?

犬が汗をかかない、というのは皆さんよくご存知かと思います。
汗腺が肉球の裏にしかないからですね。

その代わり、彼らは舌を出して呼吸することで、
舌表面の熱を利用して唾液を大気中に蒸発させ、体温を下げています。

身体全体に汗をかいて体温調節をする人間と比べると、
体温調節機能自体がそれほど多くないため、犬は常に身体に熱を溜め込みがちです。

さらに、犬は地面の照り返しや路面の暑さの影響を強く受けます。
そして、このことが、私たち人間が彼らのピンチに気付けない要因でもあるんです。

私たちは日中、服を着て靴をはきますね?
当たり前のようですが、それぞれの役割を考えてみましょう。

服は肌の上に空気の層を作って風の通り道を作ったり、日射しをさえぎってくれますし、
靴は地面の熱などから足を守ってくれています。

もうお気付きですね?
私たちが当たり前のように身に付けている、いわばプロテクターを、
犬は持たないから、なんです。

26-2
さらに人間よりも体高が低いため、熱くなっている地面のより近くにいることになります。
服や靴などを使わない彼らは、私たちの体感以上の暑さを上下両方から受けているんです。

暑さに弱いだけでなく、暑さの影響を強く受けるため、
高温多湿の環境下では、犬は最短で5分、長くても15分で熱中症を発症してしまいます。

そして気付いてあげられない間にどんどん症状は進行し、
異常にぐったりした彼らに私たちが気付くときには、
事態はかなり深刻になってしまっている、というわけです。

悲しいですが、こういった経緯での犬の熱中症のエピソードは、枚挙に暇がありません。

 


Sponsored Link


 

一日では済まないことも!?入院になってしまったら…

ぐったりして意識がもうろうとしていると、既に症状がかなり進行してしまっているので、
処置が一日では済まないことが多いです。

体温調節が追い付かず、上がりきってしまった体温の解熱、
暑さで膨張した血管の影響で下がりきってしまった血圧の処置のための点滴、
や脱水症状の処置など、様々な治療が行われます。

26-3
それ以外にも、他の重篤な症状が隠れていないかチェックするための検査、
回復のための投薬など、様々です。

もちろん愛犬の容態が何より心配ではありますが、
同時に、ふと入院費用のことも気にはなりますよね。

熱中症の場合、2~3日の入院治療で3~6万円の費用、というのが一般的です。
症状や、犬の大きさによっても変動はありますが、
平均はこの程度と思っていただいて構いません。

人間に比べると「高い」と言う印象は否めませんね。
もちろん、このような事態にならないよう、ケアしてあげるのが一番です。

しかし、もしもの時に金銭的な理由で必要な治療が受けられない、
などということになったら、悔やんでも悔やみきれません。

今はペット保険なども充実してきていますので、
これを機に視野に入れてみるのもいいのかもしれませんね。

 

入院するなら安心できる動物病院に!どこで見極める!?

病気の愛犬の命を預けるなら、安心できる病院に!
これはペットを飼っていれば、誰しもが思う事です。

では安心できる病院とはどんな病院なのでしょうか?
一緒に考えてみましょう。

 

■家から近い・交通の便が良い所にある
私たちが病院選びをする際に、まず考えるのがその「行きやすさ」かと思います。

何かあったときにすぐにかけつけることができる場所がある、というのは安心ですからね。

 

■24時間年中無休で診察してくれる
人間と一緒で、ペットだっていつ病気になるか分かりません。
そんな時に、診療時間外だからと断られてしまうのは、とても怖いです。

診療時間外でも、親身に診てくれる獣医師さんがいたら、
それは安心できる病院と言えるかもしれません。

 

■きちんとした病歴聴取と、丁寧な検査
通り一辺倒のことだけ質問して、「では注射を」「では薬を」となってしまうと、
非常に不安になりますよね。

26-4
色々と質問してくれる、よく触って確認してくれる、というのは
あなたの大事な家族にきちんと向き合おうとしている、真摯な姿勢の表れかと思います。

 

■分かりやすい説明で治療を選ばせてくれる
愛犬に何が起きているのか、
獣医師でない私たちにも分かりやすく説明してくれるだけでなく、

「こういった理由でこのような治療をしようと思います。どうですか?」
とこちらにも考える余地を与えてくれるのは、
私たちもきちんと治療に参加させてくれている、ということです。

人と同様にインフォームド・コンセントを徹底してくれているのは、
ペットの命を人と同じ重さで見てくれているような気がしますよね。

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

私たちの大切な家族は、私たちが思いもしないようなリスクを背負って
私たちの側にいます。

私たち自身がそれを常に意識して、ケアをしてあげること。
そして同じ目線を持ってくれる獣医師さんを見付けること。

26-5
これが彼らと末永く幸せな時間を送るための、
もっとも必要なことのひとつではないかと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ