熱中症の治療と食事について!ポイントや注意点は?

33-1

熱中症予防は、まず一番大切なことは水分補給です。

激しいスポーツを行うときや、炎天下の作業時や後にはスポーツドリンクなどの糖分や塩分の配合された飲み物が有効です。

そのほかにも、熱中症対策や予防として、特に心がけたいのが食事です。
ビタミンやたんぱく質のバランスが取れた食事を日常生活の中で取り入れることで、

熱中症は防ぐことができます。
今回は、そんな熱中症の治療や予防に効果的な食事について説明します。


Sponsored Link


熱中症予防で夏ばて対策をしっかりしよう!

暑い季節を迎えると都心部では毎年、ヒートアイランド現象、
酷暑や残暑といったニュースを連日目にすることが多くなります。

汗を沢山かき、水分摂取量も増える夏の時期は熱中症もさることながら、
食欲不振による夏ばてにもつながります。

食欲がないからといって、冷たいものや口当たりのいいものばかりを
食べて食事を済ませるような偏った食生活は、夏ばてからの熱中症を起こしやすくなります。

熱中症は、水分や塩分が足りなくなってしまう状態で引き起こされます。
ですので、日常生活で積極的に摂りたい栄養素として、ビタミンB1があげられます。

ビタミンB1の役割は、エネルギー源である炭水化物を補助する役割として、
エネルギーを作り出し、脳機能や神経機能を正常にする働きがあります。

疲労回復や食欲増進効果もあるので、
食欲が落ちてしまいがちな夏には特に摂取しておきたい栄養素といえます。

ビタミンB1が豊富な食材として、豚ロース肉、芋類、アジ、うなぎ、
寒天、豆腐、生ハムやベーコンなどがあげられます。

さらに、水分と塩分を摂りながら効果をあげる栄養素として、
ビタミンCがあります。女性にとっての敵、紫外線から肌を守り、

シミやそばかす、皺を防ぐのにも効果があるので一石二鳥です。

ビタミンCが豊富な食材として、明太子、パプリカ、小松菜、
さやえんどう、アセロラ、ブロッコリー、クレソン、焼豚などがあります。

また、コラーゲン物質が豊富な食材であるビタミンB1と、
組み合わせることによって、熱中症対策としても美容対策としても効果があります。

特に、真アジの開きやうなぎ、鮭など皮のついたままの魚介類は
美容効果も高いので、夏ばて防止に熱中症予防におすすめですよ。

時間のないときや、忙しい朝など、食事が落ち着いて取れない場合は
飲み物で補う方法があります。

例えば、ビタミンCを気軽に摂るならアセロラジュース、
ビタミンCプラス塩分も摂取できるトマトジュースなどがあげられます。

ミネラル豊富な麦茶やゴーヤ茶も、熱中症対策として効果があるので、
前日に作り置きしておきたいところです。

これらの飲み物は、食欲不振が進行してしまい、
食べられるものが体調不良で制限されてしまう熱中症の治療にも効果があるので、

炎天下の作業時やスポーツなどにも常備しておくことをおすすめします。

 


Sponsored Link


 

塩分やカリウムを積極的にとって熱中症予防を。スイカは夏の救世主

33-2

塩分、ミネラル、水分を大量に汗として大量に排出してしまう夏。
特に予防的に摂っておきたい栄養としてカリウムがあります。

カリウムは細胞内にあるナトリウムなどの濃度を調整する、
浸透圧調整機能や心臓機能、筋肉、腸の働きを正常に保つなど、
身体を一定に保つために重要な役割を果たしています。

熱中症によって不足してしまうと細胞の脱水症状が起こり、
脱力感や呼吸困難、昏迷などの意識障害を起こしてしまったり、
重要臓器に障害が残ってしまうこともあります。

カリウムが豊富な食材として、スイカがあります。
スイカは夏ばて防止にも効果的です。
90%の水分に加え、カリウムやビタミンB1、ビタミンB2などの栄養素も豊富。

疲労回復にも効果的な抗酸化作用があり、アミノ酸やカロチン、
ビタミンCもスイカだけで摂れてしまうといいます。

しかも、カロリーも低めなのでダイエットを気にする人も、
美容効果を期待する人にもおすすめの食材です。

少量の塩を振り掛ければ、塩分も一緒に摂ることができ、
夏ばて予防にも熱中症対策にも理想的な食材といえるでしょう。

まさに、暑さ対策の救世主といえるスイカ。
冷たくて糖分たっぷりのアイスや清涼飲料水を取りがちな夏、

熱中症対策がてら、おやつはスイカに置き換えダイエットもよさそうですね。

効果的な熱中症対策として、塩分とクエン酸を積極的に摂ることも大切です。
特に、クエン酸は疲労回復効果があり、
疲労の元である乳酸の発生を抑えてくれます。

中でも、梅干はミネラル分と塩分がバランスよく配分されている理想的な食材です。
おにぎりに入れたり、お茶に溶かして飲んだりいろいろな工夫ができるのも魅力的ですね。

塩分濃度が高いので、摂りすぎには注意。1日1個か2個を目安にいただきましょう。

 

 

熱中症に効く!簡単レシピで夏を乗り越えよう

33-3

熱中症対策には、日ごろの食生活を意識して、熱中症予防に効果的な食材を食事の中に取り入れるのが大切なことです。

ここでは、熱中症予防にすぐ取り入れられるレシピについて紹介しましょう。
■簡単材料3つ レモンはちみつ漬け
引用”http://cookpad.com/recipe/3387110″
材料は、砂糖・レモン・はちみつの3つだけ、よく洗って薄くスライスしたレモンをタッパーに入れ砂糖をまぶして、最後にハチミツを入れるだけ。

冷蔵庫に保存し、炭酸水やレモネード、紅茶に入れたり、もちろんそのままでも美味しくいただけます。
■おうちで作る熱中症予防飲料!
引用”http://cookpad.com/recipe/3327006″
材料は、水1000ml、梅干一個(しょっぱめのもの)、オリゴ糖(ガムシロップなど)おおさじ4杯
ジャーなどに梅干、オリゴ糖、水を入れ、軽く混ぜます。

冷蔵庫で数時間程度冷やし、ほんのり梅味のドリンクができあがり。
■ブロッコリーと小松菜のもずく和え
引用”http://cookpad.com/recipe/3168665″
材料は、もずく酢1パック、鰹節1パック、小松菜1株、ブロッコリー1/2
ブロッコリーと小松菜は、食べやすい大きさに切り茹でる。柔らかくなったブロッコリーと小松菜に鰹節ともずく酢を混ぜてできあがり。

 

食事を摂るときの注意点は?

33-4

熱中症予防には、塩分・水分・カリウム・糖分をバランスよく摂ることが大切です。

炎天下作業やスポーツの後は手っ取り早く不足してしまった
塩分や糖分を補うためには、スポーツドリンクやジュースといった
清涼飲料水は効果的です。

しかし、あまり運動しないオフィス内や室内での作業では、
塩分や糖分の摂りすぎになり、ペットボトル症候群や
高血圧などになってしまう可能性があります。

番茶や緑茶、ミネラルウォーターなど糖分や塩分を
抑えた飲み物を摂るようにし、なるべくなら冷たすぎない飲み物を飲むようにしましょう。

運動時もそうでないときも、ゆっくりと飲むことを心がけると身体に
吸収されやすくなるので、一気飲みは避け、落ち着いて飲むようにしましょう。

また、カフェインの含まれているコーヒーや紅茶での水分摂取は控えましょう。
コーヒーや紅茶は利尿効果があり、飲めば飲むほど体内のカリウムやミネラルも
排出してしまうので、熱中症予防としての水分補給には適していません。

ミネラルウォーターやお茶と併用しながら、飲むように心がけましょう。
どうしても、コーヒーや紅茶で水分補給をしたい場合は、
ノンカフェインの紅茶やたんぽぽコーヒーがおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?熱中症を予防するには、
抗酸化作用・疲労回復を促すものを積極的に取り入れることが大切なのです。

特に、食欲が落ちることで起こる夏ばては、熱中症にもつながってしまうので、

夏ばて予防のためにも、積極的にビタミンB1やB2。
カリウムなどをバランスよく摂取することが大切です。

熱中症予防は、食生活の改善から始まります。ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ