インフルエンザを発症させない方法は?症状や定義を知ろう!

 

冬になると、急に症状が出て辛いインフルエンザにかからないか、心配になりますね。

仕事や学校が休めないと思うと、インフルエンザに発症しないで欲しいと願うことでしょう。

 

インフルエンザのウィルスが体内に入っても、発症させない方法はないのでしょうか。

そもそも、インフルエンザの発症の定義はどんなもの?

 

出来ればかかりたくないインフルエンザの、感染と発症について調べました。


Sponsored Link


インフルエンザを発症させない方法がある?

予防接種が有効

 

冬場のインフルエンザシーズンになると、流行するインフルエンザにかからないようにと、

予防に余念がなくなる人も多いかと思います。

 

インフルエンザにかからない、発症させないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

 

インフルエンザはウィルスが体内に入ることによって発症する病気ですので、

ウィルスに対抗する抗体を作るインフルエンザワクチンの予防接種が有効です。

 

ウィルスは目に見えない空気中に漂っているため、マスクや手洗いを徹底しても

防ぎきれないウィルスがどうしても体内に入ってしまいます。

 

そのウィルスが十分に増殖しないうちに体外に出せれば、発症せずに済みます。

入ってきたウィルスの抗体が体内に出来ていれば、ウィルスが入ってきた時点で

迎え撃てるために早々発症しないでしょう。

 

高い免疫力で撃退も

インフルエンザワクチンの予防接種を受けていると、インフルエンザウィルスが

体内に入ってきても対抗できますが、予防接種を受けていなかったら

そのまま発症してしまうのでしょうか。

 

確かにインフルエンザワクチンで抗体が出来ていれば、ウィルスに対して

素早く対応が出来て少ない免疫で対抗できます。

 

ですが、免疫細胞が元気で十分に働ける体力と栄養、それと適切に休んで回復していれば、

抗体がなくても免疫が十分に働いてウィルスに対抗して撃退も出来るのです。

 

子供がインフルエンザにかかりやすいのは、相対的に大人のほうが体力が多く

早いうちにインフルエンザを撃退しているからと言えます。

 


Sponsored Link


 

発症と診断される定義は何なの?

発症の定義とは?

 

乾燥していて気温が低い冬場はインフルエンザウィルスが生きやすい環境のため、

流行している時期は空気中にウィルスが漂っていて、

その場にいるだけでもウィルスに感染してしまいます。

 

そもそも、インフルエンザ発症はどのような定義があるのでしょうか。

インフルエンザの発症については、インフルエンザウィルスが体内に入って

何かしらの症状が現れていることと言えます。

 

病気として細かい定義がされているわけではなく、インフルエンザウィルスが

症状を引き起こせばそれはインフルエンザとされるようです。

 

症状が引き起こされるためには、体内にいるウィルスが一定以上の数まで増えて

体内の免疫機能が反応することが必要です。

 

そのために体内にウィルスが入っていても、

十分増殖しきれずに体外に出てしまえば発症とはなりません。

 

ウィルスが体内に入る=発症ではない

インフルエンザウィルスが体内に入っても、十分に増殖出来ないで

発症しないというのはどういうことなのでしょうか。

 

インフルエンザはウィルスのために自分だけでは増殖が出来ず、種類によりますが

人間なり豚や鳥なりの動物の体内に入って動物の細胞を利用しなければ増殖が出来ません。

 

入り込んだウィルスが増殖をしている間にも体内の免疫はウィルスを攻撃し続けて、

増殖スピードが早ければ免疫反応の症状が現れて発症となりますし、免疫の攻撃のほうが

強く増殖が出来なければそのまま発症せずにウィルスは体外に排出されます。

 

ウィルスが増殖出来るか出来ないかは、体内にワクチンによる抗体の

有り無しや体力や栄養が足りているかにかかっています。

 

 

予防接種は必ず発症を防ぐ事が出来る?

ワクチンは全てのウィルスに効くわけではない

 

インフルエンザワクチンの予防接種を受けることによって、インフルエンザ発症を

抑えるのに有効ではありますが、それでも必ず発症を抑えられるわけではありません。

 

インフルエンザウィルスはウィルスとしては単一のウィルスですが、A型B型C型と

大まかに3種類に分かれていて、更にその中で遺伝子上の亜種としてA型は

144種・B型は2種・C型は1種に分かれています。

 

C型は通年性で幼児がかかりやすく流行するタイプではないために、

基本的にインフルエンザといえばA型とB型のものを指します。

 

インフルエンザワクチンは実際に流行する前に作って接種しなければいけないので、

日本国内では国立感染症研究所がWHOなどの発表や研究を元に、

その年に流行するであろう種類をA型2種、B型2種を選定・作成するのです。

 

近年では種類の予想は当たっていますが、新型インフルエンザや確認されていない

亜種が突然流行してしまうと、予防接種をしていても発症してしまいます。

 

ワクチン接種していても発症することも

予防接種をしてなくても体力や栄養が十分に足りていれば発症を抑えることも出来る反面、

予防接種を受けていても体力が減っていて栄養が足りていない状態では、

抗体も十分に力を発揮できずに発症してしまう可能性があります。

 

体内に抗体が出来ていても、その抗体がウィルスを攻撃・排出する体力や栄養が

足りなければ働けず、その間にウィルスはどんどん増殖して発症してしまうのです。

 

ワクチンを接種しているからと油断せずに十分な栄養と休息を取って

インフルエンザウィルスに対抗しなくてはいけません。

 

マスクや手洗いなどの予防と合わせて、

ウィルスに負けない生活が発症させないために大切なのですね。

 

 

まとめ

インフルエンザを発症させないためには、ワクチンの接種や免疫力を高めることが大切です。

インフルエンザ発症の定義は、増殖したインフルエンザウィルスが原因で

発熱や咳などの免疫反応が起こることといえます。

 

予防接種をしていても、ワクチンが全ての種類のウィルスに有効ではないため、

流行の型や体力の低下により発症することもあります。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ