インフルエンザで発熱すると何度まで上がる?症状や期間は何日続く?

 

インフルエンザといえば咳や鼻水と一緒に、高い発熱が症状の特徴として挙げられますね。

何日も続く高い熱は体力を消耗し、いつになったら治るのかとやきもきしながら

治療をするのは、気が滅入るばかりです。

 

インフルエンザで出る発熱は、平均は何度?高いと何度くらいまで出る?

何日間熱が続く?熱が出たら早く病院に行ったほうがいいの?

 

症状が辛いインフルエンザの熱についてまとめました。


Sponsored Link


インフルエンザの発熱は平均何度くらいなの?

インフルエンザで出る発熱温度は?

 

冬場のインフルエンシーズになると、インフルエンザにかかって

突然の発熱が起きないかと日々心配になりますね。

 

インフルエンザに感染して発熱したとき、

発熱はどのくらいまで上昇するのでしょうか。

 

冬に流行するインフルエンザはA型とB型というウィルスの種類で、どの型でどのような症状が

強く現れるかは個人差がありますが、多くの人に高い発熱が確認されています。

 

インフルエンザの症状が現れると同時期に38度ほどの熱が出てきて、

症状がひどく悪化しなければ38度から39度を最高温として上下します。

高い発熱のときの平均体温は、おおよそこの38度と思っていいでしょう。

 

体温は低くも高くもなる

インフルエンザにかかっていても、みんながみんな

38度から39度の発熱があるわけではありません。

 

インフルエンザウィルスのB型は発熱が高くなく、全体通して微熱程度しか

上がらないこともありますし、元々の体調や抵抗力が高い場合も発熱が酷くならないこともあります。

 

ほかにも、インフルエンザワクチンの予防接種を受けていた上でインフルエンザに

かかってしまった場合は、発症こそするものの発熱が低い傾向を言われています。

 

反対に体力や抵抗力が低いときや新型インフルエンザなどで薬がうまく効かないときなど、

重症化してしまったときには40度を超えるような高熱になってしまうこともあります。

 

インフルエンザで起きる高すぎる発熱は、熱性けいれんを起こすだけでなく、

インフルエンザ脳症(脳炎)を引き起こす要因にもなるとされていて、

大人でも気をつけなくてはいけません。

 


Sponsored Link


 

発熱期間は何日続く?

発熱は平均3日

 

インフルエンザで高めの発熱が起きると、おおよそ38度程度の発熱が起こりますが、

それだけの熱が出ている期間は何日くらい続くのでしょうか。

 

発熱の期間も温度と同じく、ウィルス差・個人差に治療のタイミングによっても

多少差が出てきますが、平均で3日ほどといわれています。

 

インフルエンザは一般的に、ウィルスに感染から約1~3日間体内で潜伏し、発症して熱や全身のだるさ・

関節痛などがメインの症状のときが3~5日、熱が下がってきて咳やくしゃみ、

鼻水、吐き気や下痢といった症状出てから5日から1週間ほどで完治、という流れで進みます。

 

発熱には意味がある

インフルエンザや風邪を引いて起こる発熱は、病原体に対して有利になるために熱を

上げているとされていて、発熱が高いとそれだけ激しく病気を攻撃している証拠でもあります。

 

なぜ体温が高いと病原体に有利になるかというと、多くの病原体、特にインフルエンザウィルスは

高い温度の中では活発に活動・増殖が出来ないことが一番に挙げられます。

 

それだけでなく、ある程度体温が高くなることで、体内では免疫細胞である白血球の動きが

活発になったり、そのほかの免疫機能も高まるためです。

 

しかし、体温も上がりすぎては良いことばかりではなく、熱性けいれんや脳症・脳炎以外にも

意識が朦朧として幻覚幻聴を感じたり、体内の通常の活動が鈍くなったりと、生命活動に危険が及びます。

 

 

病院には早めに行った方がいいの?

発症48時間以内に病院の薬を使おう

 

突然体のだるさを感じて発熱があったとき、冬場ならまず風邪かインフルエンザを

疑うかと思いますが、病院には早く行ったほうがいいのでしょうか。

 

皆さんご存知でしょうが、インフルエンザと風邪は症状だけで見るとよく似ていて、

検査をしてみないことには簡単にどちらであるとは断言できないほどです。

 

もし自分に出ている症状がインフルエンザかもしれないと思ったら、

早めに病院に行ってそれぞれに合った治療をすることが大切です。

 

インフルエンザウィルスの増殖を抑える抗インフルエンザ薬は、増殖を抑えるという効能から、

発症後48時間以内に使用し始めるのが好ましいとされています。

 

もちろん48時間以降に使用し始めても効果が全くないわけではありませんが、

十全の効果が現れることは難しいでしょう。

 

周囲のためにも病院へ

抗インフルエンザ薬の効果を十分に発揮させるためにも、早めに病院に行ったほうが

良いという点もありますが、インフルエンザは感染力が強いために早い段階で治療にあたり、

インフルエンザを広めてしまう可能性を減らす意味もあります。

 

インフルエンザウィルスの感染力は発症してから2~3日が一番強いとされていて、

ちょうど抗インフルエンザ薬の使用の推奨時期とも重なります。

 

インフルエンザをしっかりと撃退するためにも、周囲に広めないためにも

インフルエンザっぽいなと思ったら病院に行くように気をつけておくといいですね。

 

 

まとめ

個人差はありますが、インフルエンザの発熱は平均38度ほどは出ます。

発熱は3日程度でおさまりますが、薬や体調・症状が重いとそれ以上の期間、発熱を続けます。

 

抗インフルエンザ薬の使用や周囲への感染を思うと、早めに病院に行って適切な治療を受けることが大切です。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ