インフルエンザで発熱だけの場合は?すぐ下がる時や発熱なしもある?

 

高い熱とだるさが続くインフルエンザの症状ですが、

中には熱が高くならなかったりすぐ下がることもあります。

 

インフルエンザにかかっていても、咳やだるさがあっても

発熱なしだったり、反対に発熱なしということはあるのでしょうか。

 

インフルエンザの発熱が高かったりすぐ下がるのはどうして?

発熱がなくてもインフルエンザなの?他の病気じゃないの?

 

インフルエンザと出たり出なかったるする熱について調べました。


Sponsored Link


インフルエンザの症状に発熱なしの場合もある?

ウィルスによって高熱にならないものも

 

インフルエンザの症状といえば、流行シーズンのあちらこちらで

見かける高い発熱と咳・くしゃみに鼻水が挙げられますね。

 

ですが、インフルエンザの中には熱が微熱程度であったり、

熱と自覚できないほどわずかな体温変化しかないこともあります。

同じインフルエンザなのに、どうしてこのように発熱の程度に差が出るのでしょうか。

 

インフルエンザはインフルエンザウィルスに感染して発症する病気ですが、

実はインフルエンザウィルスにはA型やB型、C型という型違いのウィルスが存在しています。

 

C型は幼児がかかりやすく通年感染するウィルスで、

A型とB型は冬場に多く流行して夏はあまり発生しないウィルスです。

 

A型B型の症状の多くは高熱や全身のだるさ、関節痛が主ものではありますが、

まれにB型では発熱が殆どなくだるさや咳・くしゃみなどの気管支系と

下痢や吐き気といった消化器系の症状が強く出ることがあるようです。

 

予防接種が発熱を抑える

インフルエンザB型に感染して熱が出ないとこがありますが、ほかにも

インフルエンザワクチンの予防接種を受けていると体調や

症状の出方によっては熱が現れないこともあります。

 

インフルエンザワクチンの予防接種を受けていると、そのひとシーズンは

インフルエンザにかからないような気になりますが、予防接種をしていても

体力が落ちていたり寝不足や栄養不足で病気への抵抗力が

下がっていると感染・発症してしまうのです。

 

ですが、予防接種で得たインフルエンザウィルスに対する免疫は体内に

存在しているために、発症したところで症状が比較的軽くなり、人によっては

発熱がなく倦怠感や咳、くしゃみなど風邪のように思えるような症状だけが現れることがあるのです。

 


Sponsored Link


 

発熱だけの場合は?

かかり始めは発熱だけ

インフルエンザでもウィルスや予防接種などの要因のために発熱が低い、

殆ど出ないことがありますが、反対に発熱が出て他の症状が少ないことなどはあるのでしょうか。

最初に考えられることは、インフルエンザの発症直後である可能性です。

 

インフルエンザのA型とB型の症状として、まずウィルスの増殖に合わせて

発熱することが多く、ある程度発熱が落ち着いてから

気管支や消化器に顕著な症状が出てきます。

 

2009年に世界的に流行した新型インフルエンザも、

症状はまず発熱から始まったことを思い出す人も少なくないでしょう。

 

発症してからおおよそ3日から5日ほどで発熱がおさまり、

咳や下痢などの発熱以外の症状が出てくるでしょう。

 

熱が出るB型の可能性も

次に考えられることとしては、インフルエンザB型が

発熱メインに発症している場合が挙げられます。

 

熱が出ずに気管支系や消化器系に症状が出ることがあると紹介したB型ですが、

症状の出方に個人差が多くあり発熱の症状が特に強く出た場合は咳やくしゃみが少なく、

またインフルエンザと消化器系の不調を結び付けられずに熱だけが出ているように感じてしまうのです。

 

また同じく予防接種を受けていても症状の出方によっては熱が強く出て咳やくしゃみが

出ないこともあり、特に小さな子供がぐずっていると思っていたら、

咳が出ていないながらも高い発熱をしていてインフルエンザだったということもあります。

 

インフルエンザだけでなく風邪など他の病気にもいえますが、病気の症状はその人その人の

弱いところに症状が強く出ることが多く、喘息を持っていたりのどを悪くしやすい人は

咳やくしゃみが、胃腸が弱い人は下痢や吐き気がといったように症状が現れるようです。

 

インフルエンザA型だからと言っても発熱が高くならない人もいれば、

B型でも消化器系の症状が出ない人がいるのはこのためでしょう。

 

 

発熱してもすぐ下がる場合は?

二峰性発熱の途中のことも

 

インフルエンザで熱が出る場合と出ない場合があることが分かりましたが、

インフルエンザの症状が出ている間に熱が上下してしまうのは何ででしょうか。

 

一つはインフルエンザの症状の中にある「二峰性発熱」といわれるもので、

発熱のピークが複数回あることを指します。

 

二峰性発熱はB型のウィルスで出やすい傾向にあり、中でも子供や免疫力の低い人は

二度三度と高い熱と微熱が半日から数日周期で現れることもあるそうです。

 

38度ほどの高い熱が出ていたと思っていたら微熱程度に下がっていたというときは、

その後にまた熱が高く上がることがあるので気をつけていたほうが安心できますね。

 

正常な働きの一つでも上下する

発熱がすぐ下がると言えども、体温の上下が朝晩で変化しているときは、

体内の免疫が正常に働いて通常の活動に戻そうとしているのかもしれません。

 

人間は一日の中で食事や睡眠などの影響で、1度前後の上がり下がりを行っています。

体温が一番低い時間は朝方の睡眠から目覚めた頃、反対に一番高くなるのは

日中十分に動いて体の活動を行った夕方に当たります。

 

仕事や学校の都合で夜型の生活をしているような人でも、長い睡眠から目覚めたときは

体温が低く、十分に活動した半日後は体温が上がりきってから

寝るころに向かってゆっくりと下がります。

 

病気で発熱をしていても、治ったとき普段通りになるようにと体内の

リズムにのっとって体温の上下が行われていますので、完治する兆しともいえます。

 

 

まとめ

 

インフルエンザでもウィルスの型や免疫の働き方によって発熱しないこともあります。

発熱だけの症状のときは、症状の現れ方の個人差で熱が強く出ていることもあります。

 

インフルエンザの中には、発熱してもすぐおさまって

またぶり返したり、体内リズムを治そうと体温の上下が起こります。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ