インフルエンザで微熱症状が続きだるい!関節痛や検査時期は?

 

インフルエンザの症状の中でも、全身に現れるだるさはなかなか抜けないで辛いものですね。

また、微熱であってもだるいのと一緒に出る関節痛もまた辛さを増してしまう要因でもあります。

 

この全身に現れるだるさと微熱は、微熱とどう関係しているの?

微熱が出ている状態でも、インフルエンザの検査は行える?

 

あまり知られていないインフルエンザと微熱、関節痛やだるさについてまとめました。


Sponsored Link


インフルエンザの症状で、微熱有りだるい場合は?

インフルエンザは3種類ある

 

インフルエンザシーズンになると、ちょっとした微熱や咳でもインフルエンザに

かかったのではないか、自分の周囲にインフルエンザが

流行しているのではないかと心配になりますね。

 

インフルエンザの症状は、一般的に高熱や全身の倦怠感と関節痛、咳・くしゃみなどが

挙げられますが、微熱が続くような症状が少し違うインフルエンザはあるのでしょうか。

 

インフルエンザにはインフルエンザウィルスに感染して起こる病気ではありますが、

インフルエンザウィルスの中にはA型・B型・C型と種類があり、冬場に

流行するもの・ワクチンでの予防接種をするものはA型とB型の2種類あります。

 

A型のウィルスは人間だけでなく鳥や豚も感染してA型の中でも遺伝子が変化しやすく、

新型インフルエンザや鳥インフルエンザといったものの多くはこのA型に属しています。

 

症状も高い発熱と全身の倦怠感、熱が下がってくると咳と

鼻水がよく出る、定番の症状が現れやすいインフルエンザと言えます。

 

B型は人間にしか感染しないために変化に乏しく、大きな流行自体も数年に1度と

いうことが多いインフルエンザで、熱が高くなるときと微熱止まりの

ときがあるイレギュラーな症状が現れるインフルエンザです。

 

B型は微熱しか出ないことも

インフルエンザB型は症状に大きな幅があることが多く、A型のように38度を

超えるような高い熱が出る場合もあれば、

最後まで37度程度の微熱しか出ないこともあります。

 

また、インフルエンザとしてはあまり知られていませんが、B型に感染しているときは

A型に比べて下痢や吐き気などの消化器系に症状が強く出て、

咳や鼻水といった呼吸器系の症状が少ないこともあるのです。

 

風邪などのインフルエンザ以外の病気のときは、全身の倦怠感・だるさは

高い発熱に伴う症状として泡られることが多くありますが、インフルエンザの場合は

急激な症状の発生に伴いますので、微熱または殆ど発熱をしていなくてもだるい感覚は起こります。

 


Sponsored Link


 

微熱と関節痛がある場合はどうなの?

熱が低くても関節痛は出る

 

インフルエンザで微熱と関節痛が一緒にあるときは、やはり

インフルエンザB型に発症しているのでは、と一番に疑われます。

 

関節痛も倦怠感と一緒で高熱が元でなることが多いですが、ことインフルエンザでは

症状が一気に現れるために、体や体力がついていかれずに関節痛といった形で表に出るのです。

 

ですが、関節痛が強く現れているときには、別の原因で微熱と関節痛がある場合があります。

考えられる原因のひとつとしては、インフルエンザワクチンの

予防接種を受けていた上でインフルエンザにかかってしまった場合です。

 

予防接種をしていれば体内に抗体が出来て、多少のインフルエンザウィルスが

体内に侵入しても症状が出る前に撃退できますが、たまたまウィルスと

接触したときに体力が落ちているタイミングだったときには、発症してしまうこともあります。

 

しかし、予防接種で作られた抗体もできる限り働くために、本体ならば高熱が

出るところでも微熱程度に抑えられ、だるさや関節痛を強く感じることもあるのです。

 

他の薬で症状が抑えられている

もう一つ考えられる原因としては、インフルエンザと気付かずに風邪薬や解熱剤を

飲んでいて発熱が抑えられていた場合もあります。

 

風邪薬も解熱剤も、原因のインフルエンザウィルスは退治できないものの、

薬を飲んでいる間は効果が現れて熱が下がるために、インフルエンザでも

微熱しか感じないこともあるのです。

 

体温計で熱を測ると微熱程度なのに、全身の関節痛や倦怠感が取れないでいると

思って病院に行ったところ、実はインフルエンザにかかっていた、

なんてことも少なくないようです。

 

インフルエンザの流行と風邪の流行の時期は似通っているために起こる

勘違いではありますが、風邪薬や解熱剤ではインフルエンザを治すことは

出来ませんので、何か普通の風邪と違うと感じたら病院で検査を受けるといいでしょう。

 

 

微熱があっても検査してもらえる?

微熱でも検査してもらえる

 

微熱だけがあるときは、インフルエンザのような気もすれば違うような気もするものです。

症状が微熱だけのときでも、インフルエンザの検査はしてもらえるのでしょうか。

 

インフルエンザが流行する時期でインフルエンザが疑われる場合、

検査の申し入れを断る病院はそうそうありません。

 

インフルエンザで怖いのは、感染してしる人が自覚なくウィルスを周囲に広めてしまうことです。

感染力が強いこともですが、インフルエンザウィルスは増殖力も強いために、

感染しているかどうかを早急に知る必要があります。

 

また、インフルエンザか風邪かによっても処方する薬が大きく違ってくるために、

医師としてもインフルエンザかどうか知る必要もあります。

 

発症時期によっては後日になることも

まれに、インフルエンザの検査を申し入れても

「検査は翌日にしましょう」と言われることもあります。

 

すぐにインフルエンザかどうかは当人も病院も知りたいところですが、実は

感染して時間が経っていないと、検査をしても反応が見られないことがあるためです。

 

多くの病院で実施されている、鼻の奥の粘膜を取って行うインフルエンザの

検査は結果が出るまでに数日かかる他の検査に比べて10分から15分ほどで

結果が出る便利な検査ではありますが、体内のウィルスが十分に

増えていないと検出できないデメリットがあります。

 

体内のウィルスが検査で十分検出できる量になるまで、発症からおよそ12時間以上

経ってからと言われていますので、症状が出てから半日は待たなくてはいけません。

 

症状が出てからどのくらい経っているかが、

インフルエンザの検査をしてもらえるか否かの分かれ目ですね。

 

 

まとめ

 

インフルエンザにはA・B・Cと型が3種類あり、

B型に感染したら微熱しか出ないこともあります。

 

インフルエンザのときは急激に症状が出た影響で、

微熱であっても一緒に関節痛が現れだるく感じます。

 

微熱でも多くの場合は検査してもらえますが、発症直後では

検査で検出できないために翌日に遅らせることがあります。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ