インフルエンザで微熱症状が下がらない!出勤はした方がいいの?

 

インフルエンザに感染したと診断されたものの、これといった症状がなくて

微熱が下がらない…なんてこと、経験ある人もいるのではないでしょうか。

インフルエンザだとしても、微熱のときはどうしたらいいのでしょうか。

 

微熱だけならインフルエンザでも出勤・登校しても大丈夫?

高い熱や咳がなくても、インフルエンザだったら診断書をもらうべき?

 

微熱が出るインフルエンザの疑問を調べました。


Sponsored Link


インフルエンザで微熱が下がらない場合は?

インフルエンザで微熱の理由は?

 

冬場はインフルエンザの流行シーズンでもあるため、感染しないために

インフルエンザワクチンの予防接種やマスクの使用などを行っても、

どうしても完全に予防できないものですね。

 

インフルエンザといえば高い発熱と咳やくしゃみの症状が挙げられますが、

インフルエンザと診断されても微熱が続くような症状もあるのでしょうか。

 

インフルエンザにはA型・B型・C型と、大きく分けて3種類の特徴を持つウィルスが存在します。

C型は通年性で小さい子供がかかりやすいもので、冬場に

老若男女問わずに流行するものはA型かB型のいずれかになります。

 

A型のインフルエンザは多くの人がイメージする、高熱と咳がよく出るような症状が

現れることが特徴で、A型内で遺伝子が変異しやすく新型インフルエンザと

呼ばれるものは殆どがこのA型と言われています。

 

一方で、全身の倦怠感や関節痛があっても微熱が続くようなインフルエンザはB型で

起こりうる症状でもあり、合わせて下痢や吐き気の症状も現れるため、

風邪や胃腸炎などと勘違いしやすいともされます。

 

微熱は完治していない証拠

インフルエンザであっても、微熱が続くB型に感染している場合は他の病気を

疑って風邪薬や胃薬などを飲んでしまって気付かないこともままあります。

 

たとえインフルエンザとわかっていても、微熱が続くことは

じわじわと体力を奪われて気分の良いものではありませんね。

微熱が続いている場合は、体内ではどんなことが起きているのでしょうか。

 

インフルエンザに感染して微熱が続いているということは、体内にまだ

インフルエンザウィルスが残っていて免疫が反応して発熱が起こっていると考えられます。

 

インフルエンザに限らず、風邪などでも薬や休息を取っているうちはウィルスに

対抗できていますが、熱が下がったり咳が減ってすぐに薬を飲むのを止めたり

仕事をし出すことによって、体内にわずかに残った

ウィルスが活性化して微熱が続くようになります。

 

病院で、処方された薬は症状がなくなっても必ず飲みきるようにと

指導されるのには、こうした理由があるからなのですね。

 


Sponsored Link


 

微熱だけの場合は出勤しても良い?

微熱だけでもし出勤は控えて

 

インフルエンザで微熱が続いているとき、B型ウィルスに感染していたり治りかけのことが

考えられますが、どうしても外せない仕事や休めない試験があるようなときもありますね。

 

そうしたとき、微熱だけならば出勤・登校はしても良いのでしょうか。

基本的に、インフルエンザにかかっているときの出勤や登校は禁止と思っていいでしょう。

 

特に学校は「学校保健安全法」という法律のもと、多くの生徒・教師が集まる学校に

ウィルスを持ち込んで集団感染が起こらないように、一定期間の登校が禁じられています。

 

会社はそうした法律はないものの、会社内外での集団感染を防ぐ意味でも同じように熱が

下がってから2日目、症状が始まった日の翌日から7日目までは

出勤しないようにと厚生労働省からの通達がされています。

 

会社と自分のためにも休みましょう

それでもどうしても仕事を休みたくない、休んだら会社に迷惑がかかる…

など強いプレッシャーの只中にいる人もおられるかとも思います。

 

しかし、反対にインフルエンザにかかっていない会社の人からすると

「インフルエンザの症状が出ている人が出勤してくる=インフルエンザの感染源になりうる人が同じ部屋にくる」と

同じ意味になり、タイミングが悪いとそのときに同じ部屋にいる人全員がインフルエンザにかかって、

会社自体が機能しなくなる可能性も出てくるのです。

 

また、微熱であっても症状があるときは体内にウィルスが残っていて体力も減っている状態ですので、

そんなときに下手に動いてしまうとインフルエンザをぶり返してしまったり、

ともすると肺炎などの別の病気になって1週間や10日では治らなくなる可能性もあります。

 

会社のためにも、自分の体のためにもインフルエンザに

かかったらちゃんと治してから出勤するようにしましょう。

 

 

診断書は貰ってきた方がいいの?

会社によっては診断書が必要に

 

インフルエンザで会社や学校を休んでしまったとき、まとめて休んだことで

診断書をもらってきた方がいいのか、必要なのかと疑問に思うこともありますね。

 

会社についてはその会社の就業規則によって大きく変わりますので、

どうしたらいいか確認を取ることが良いでしょう。

 

特に診断書を必要としないで連絡だけで会社もあれば、病院や交通機関・宿泊業・エステなど

長時間お客さんと接する仕事の会社の中には、完治したとの診断書や

証明書の提出をしなければ出勤できない会社もあるようです。

 

また、職種に関係なくインフルエンザや強い感染力を持った病気になったときに

特例として「病気休暇」が就業規則に設定されている会社は、その病気休暇の条件を

満たしているかどうかという観点から、診断書を求めることもあります。

 

インフルエンザで休むと連絡するときに、診断書や

完治の証明書が必要か一言聞いておくと安心ですね。

 

学生は診断書がいることが多い

反対に、学生がインフルエンザで休むときは診断書や証明書が必要なことが多々あります。

学生はインフルエンザのとき、学校保健安全法によって出席が禁止されることと

集団感染を防ぐために、完治しているかどうかはかなり気を使うようです。

 

特に高校や大学では、出席日数の計算やテストの出欠席について感染症ということで

考慮される可能性があるために、学校が診断書の書式を用意している場合もあります。

 

小中学校でも、インフルエンザの欠席は出席禁止の扱いになるために、学校によっては

診断書を持っていくことによってインフルエンザでの日にちを抜かして皆勤賞がもらえたりします。

 

学校に欠席を連絡したときに、休む日が行事に被らないか、

診断書をもらっていれば何かあるかを聞いておくといいですね。

 

 

まとめ

 

インフルエンザにかかっていて微熱が引かない場合は、

B型ウィルスに感染したか、完治していないことが考えられます。

 

微熱が続く時の出勤は、集団感染の可能性や肺炎などの

移行が心配されますので控えるべきでしょう。

 

診断書は会社によって必要な場合と不要な場合がありますので、

休むことを連絡するときに確認を取ってから用意しましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ