インフルエンザの症状で鼻水の色は?透明や黄色の時はどうなの?

 

インフルエンザも熱が治まってくると、今度は咳やくしゃみと一緒に鼻水が出てきますね。

同じ鼻水でも、インフルエンザのときと風邪や花粉症のときに、

鼻水の出方や鼻水の色に違いはあるのでしょうか。

 

鼻水の色が透明と黄色と違う色が出るときがあるけれど、色の違いは何か理由があるの?

そもそもなんで、インフルエンザになってすぐには鼻水が出ない?

 

あまり知られていない、インフルエンザの鼻水についてまとめました。


Sponsored Link


インフルエンザで出る鼻水の色は何色なの?

鼻水は健康を守る大切な機能

 

インフルエンザシーズンが訪れる冬場は、風邪も同じく流行する時期ということも

あってか、どこでも咳き込んでいたり鼻水をかんでいる人を見かけますね。

 

インフルエンザや風邪をひくと、よく咳やくしゃみと一緒に鼻水が

出てきますが、鼻水はどういった理由でこの症状が出るのでしょうか。

 

鼻水はインフルエンザに感染していなくとも、

花粉症やちょっとしたほこりや排気ガスを吸っても出てくるものです。

 

どの状態を見ても、異物が体内に入ったときに鼻水が出ていることに気付くでしょう。

病気の原因となる細菌やウィルスは、直接体内とつながっている鼻や口から入り込もうと取り付いてきます。

 

体内に異物が入ってこようとしたとき、鼻は鼻水を分泌することによってその異物を押し流し、

口やのどは咳やくしゃみといった勢いをつけた息に乗せて吐き出し、

異物を体外に排出する防衛機能として働いているのです。

 

鼻水にも種類がある

鼻水が出るシチュエーションは日常生活の中でも多々ありますが、

鼻水も時と場合によって色や状態が異なり、

一概に鼻水と言ってもさまざまな種類が存在します。

 

比較的見ることの多い鼻水は、透明でさらさらしているものか、

黄色や黄緑色をしていて粘り気があるもののどちらかではないでしょうか。

 

しかし、鼻水の色や状態は病気の種類や侵入してきた異物の種類で

決まるものではなく、体の防衛機能としてどのように働いているかによって決まります。

 

インフルエンザのときでも、新型ウィルスやかかり方ではなく

症状によって透明であったり黄色であったり、また別の色になります。

 


Sponsored Link


 

鼻水の色が透明の場合はどんな状態?

透明な鼻水はスタンダードな鼻水

ちょっとしたときに出る鼻水で、インフルエンザの症状の中でも熱が治まって

すぐのときに出ることの多い透明な鼻水は、防衛反応の第一段階と言えます。

 

体内に入った細菌やウィルスを体外に排出するために出る最初の鼻水が透明で

さらさらとしていて、一番異物を外に押し出しやすい形状になっています。

 

インフルエンザだけでなく、風邪の引き始めや花粉症を含めたアレルギー反応、

または寒暖差が激しいときで出る鼻水もこの透明でさらさらしたものが出やすく、

何かあったらまず出るものと思っていいでしょう。

 

鼻水の成分は血液から出来ている

 

病気になったときから寒暖差でも出る透明な鼻水は、頻繁に体外に排出されますが、

一体何から出来ているのか疑問に思ったことはありませんか?

 

特に花粉症の人は、アレルゲンになっている花粉の飛散がおさまるまで

四六時中鼻水が出ているような状態になっていても、出尽くすことはありません。

 

この鼻水の成分は主に血管から染み出た浸出液から出来ていて、

約92%の水分と約7%のたんぱく質、残りの1%前後に脂肪や

糖・塩分など多種多様な成分が含まれています。

 

人間の血液量は全体重の7~8%を占めていて、常に絶えず新しいものを

作っているために、ちょっとしたことでも鼻水がたくさん出せるのですね。

 

 

黄色の場合はどんな状態なの?

免疫が頑張って出来る黄色い鼻水

 

インフルエンザや風邪の症状が重めに出ているときに出る黄色の鼻水は、

透明なものと違って強い粘り気がありますが、そこにはどういう差があるのでしょうか。

 

鼻水の水分自体は透明なものと同じく殆どが水分で出来ている血管からの浸出液なのですが、

黄色になっているときはそこに血液の白血球や免疫細胞の残骸も一緒に出てきているのです。

 

鼻や口で出し切れずに体内に入り込んだウィルスや細菌は、

血液内にある白血球を始めとした免疫細胞がウィルスと直接闘って排除を試みます。

 

ですが、ウィルスの数が多かったり強力だった場合、免疫細胞は物量戦を仕掛けて

ウィルスも免疫細胞もどんどん死んで死骸が出来るために、その死骸が邪魔になり

血液から出来た浸出液と一緒に、黄色く粘りのある膿の形状を取って鼻水と体外に排出するのです。

 

鼻水の色で分かる病気との闘い

鼻水の色が付いている成分は体内に入ってきたウィルスや細菌と、

そのウィルスと戦って死んだ免疫細胞が含まれているからのため、

鼻水の色によってどのくらい激しく闘っているかが分かります。

 

黄色い膿の鼻水は病気のかかり始めや治りかけのときに出て、

免疫が十分に働いてウィルスを排出している状態と言えます。

 

インフルエンザワクチンの予防接種を受けたあと、まれに黄色い鼻水が

出る人もいますが、これも免疫がワクチンに反応した結果の鼻水なのです。

 

鼻水の色が黄緑や緑になっているときは、免疫側が劣勢になって

たんぱく質が減れば減るほど色が緑に近付いていきます。

 

ウィルスとの闘いがもっとも激しくなっている頃に緑の

鼻水が出やすいのは、免疫が頑張っている証拠ですね。

 

まれに黄色や緑色ではなく赤や茶色い膿の鼻水が出ますが、赤色や茶色になる

原因の多くは鼻の奥やのどに傷があり、そこから出た血液が透明や黄色の鼻水と

混ざって出てきたものですので気になるようでしたら耳鼻咽喉科などで

傷がどこにあるか確認するといいでしょう。

 

 

まとめ

インフルエンザにかかって出る鼻水は、症状の状態により

透明であったり黄色や黄緑色のものが出てきます。

 

透明な鼻水は鼻から体内に侵入しようとする異物を排出するために

出てくるもので、その成分は血管から出た浸出液です。

 

黄色い鼻水は、体内で闘ったウィルスや免疫細胞の死骸が膿となって鼻水と一緒に出てきたものです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ