インフルエンザと風邪の違いはウィルスが関係している?子供の場合は?

 

冬になるとインフルエンザや風邪が流行しだして、

自分もいつかかるか、家族はどうなのかと気のもむようになります。

 

似たような症状が起こるインフルエンザと風邪ですが、一体どのような差があるのでしょうか。

 

インフルエンザと風邪の違いはどこにある?

インフルエンザも風邪もウィルスが関係をしている?

 

子供がかかったときは、どんなところでインフルエンザか風邪かを見分ければ良い?

見分けが付きにくいインフルエンザと風邪について調べました。


Sponsored Link


インフルエンザと風邪の違いは何なの?

インフルエンザと風邪の違いは?

 

インフルエンザシーズンとも風邪シーズンともいえる冬は、

体調を崩さないようにと強く気をつける季節でもあります。

 

ちょっとしたことで咳やくしゃみが出ると、すわインフルエンザの流行か

風邪の蔓延かと心配になりますが、インフルエンザと風邪の違いはどこになるのでしょうか。

 

インフルエンザと風邪の違いの一つに、症状の出方に大きな差があります。

どちらも熱と咳やくしゃみが出るものですが、インフルエンザは熱から、

風邪は咳やくしゃみなどののどや鼻の症状から出ることが多く分かりやすい違いと言えます。

 

インフルエンザと風邪の症状の違い

インフルエンザは感染して数日で発症し始め、まず高い発熱が現れます。

 

急激に熱が出て38度以上になることが多く、人によっては40度を

超えてしまうこともあるような発熱が、平均で2日か3日続きます。

 

熱があるときは咳やくしゃみなどの症状は殆どなく、発熱と共に

大量の発汗に悪寒、続いて全身の倦怠感や関節の痛みを強く感じます。

 

熱が下がる始めると、今度は次第にのどの痛みや違和感・咳やくしゃみ・

鼻水やたんが出て、少しづつ快方に向かっていくのがインフルエンザの症状の流れです。

 

一方風邪はのどの痛みや咳・鼻水が始めに出ることが多く、発熱は37度台まで

ゆっくりと上がっていき、症状が酷く悪化しないと

インフルエンザのような39度や40度の熱にはなることは少ないです。

 


Sponsored Link


 

ウィルスの因果関係は?

インフルエンザはインフルエンザウィルスだけ

 

インフルエンザといえばウィルスが原因ということは有名ですが、

風邪もウィルスと因果関係があることはご存知でしょうか。

 

インフルエンザはインフルエンザウィルスという単一のウィルスが原因になっていて、

その一種類の中でA型・B型・C型と分かれていて、

更に各々の型の中でいくつもの亜種が存在しています。

 

2009年に新型と言われて世界的に流行したインフルエンザも、

現在では亜種の中の一種であり予防接種や

抗インフルエンザ薬で対応できるようになりました。

 

ウィルスの大元や亜種であることがわかっているために毎年予防接種用の

ワクチンを先回りして作ったり、亜種でも同じインフルエンザウィルスの

ために毎年同じ抗インフルエンザ薬で治療が出来るのです。

 

風邪はさまざまなウィルスが原因

一方で風邪は特定のウィルスが原因ではなく、さまざまなウィルス・細菌が

のどや鼻の粘膜に取り付いて炎症を起こす「急性上気道炎」という病気の総称が風邪なのです。

 

原因になる菌もさまざまで、風邪が流行したときの患者のうち30~80%を

占めているライノウィルス、SARS の元になっているといわれているコロナウィルス、

夏にかかりやすい「プール熱」の名前で知られているアデノウィルスなど、

有名無名合わせて200種以上の原因があると言われています。

 

病気の分類上、急性上気道炎の中にはインフルエンザも含まれますが、

症状が性急なことや特定のウィルスが原因になっていることにより、

一般的には風邪とインフルエンザは分けて呼ばれます。

 

 

子供の場合はどのように見分ければ良い?

症状の出方で見分ける

 

小さな子供が病気になるとどうしても言葉で病状を伝えられないために、

大人の側が症状のアピールや信号を汲んであげなくてはいけませんね。

 

あくまで症状や状態の傾向からインフルエンザか風邪かを判別する方法ですので、

少しでもどちらの可能性があると感じたら小児科や内科で診断をしてもらいましょう。

 

見分け方の中でも比較的に分けやすいものとしては、咳や鼻水が少なく高い発熱を

していればインフルエンザ、反対に咳やくしゃみ、鼻水が頻繁に出て熱があっても

微熱に近い範囲であれば風邪である可能性が高いと思って良いのではないでしょうか。

 

赤ちゃんや小さい子は目や機嫌を見て見る

多少言葉が出る頃合ならばつたないながらも不快感や痛みなどを訴えますが、

赤ちゃんやまだ言葉が出ない年頃の子供は熱や咳以外にはどんな点を見るといいのでしょうか。

 

インフルエンザにかかっていると、高熱と免疫の働きで目が

充血することが少なくないためにある意味では判別の手助けになります。

 

外に出たり顔を汚したわけでもないのに、しきりに目を触る、

こするようなしぐさがあったら熱を測って見ましょう。

 

もう一つは、起きている間じゅう不機嫌でぐずっている割に、走り回ったり物に

当たったりとした活発な行動が極端に減る・なくなると、

インフルエンザの関節痛や倦怠感を強く感じている可能性もあります。

 

 

まとめ

インフルエンザと風邪の違いは、症状が急に現れるか

ゆっくりと時間をかけて現れるかがあります。

 

インフルエンザはインフルエンザウィルスのみが原因ですが、

風邪はさまざまなウィルスによって引き起こされます。

 

症状の出方はもちろん、発熱による目の充血や機嫌と動きを見ることも、

インフルエンザと風邪の見分けの一つです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ