インフルエンザに風邪薬は危険?症状に効くって本当なの?

 

冬になると心配になるインフルエンザですが、

症状によっては風邪かインフルエンザかわからないときがありますね。

インフルエンザか風邪かわからないときに、風邪薬は飲んでも効くものなのでしょうか。

 

症状は似ていても、違う病気の薬である風邪薬を使うと危険ではないの?

どちらかわからなかったら、風邪薬を飲まないで病院に行ったほうがいいの?

 

症状が似ていて判断しづらい、インフルエンザと風邪・風邪薬ついてまとめました。


Sponsored Link


インフルエンザに風邪薬は効く?

風邪薬はインフルエンザを退治しない

 

冬になると本格的なインフルエンザシーズンが到来しますが、

インフルエンザと風邪の判断はなかなか難しいものです。

 

インフルエンザか風邪かわからないけれども、夜間や週末ですぐ病院に

行けないときには、風邪薬を飲んでも効くのでしょうか。

 

インフルエンザと風邪は発熱やのどの痛み・咳・鼻水と症状がよく似ていますが、

原因になるウィルスが違うために効く薬や成分が違います。

 

似た症状のために少しは症状が緩和しますが、インフルエンザだった場合は原因になる

インフルエンザウィルスが退治されたわけではないので、根本的な症状や原因の先送りに過ぎないのです。

 

抗インフルエンザ薬と風邪薬は効果が全く違う

インフルエンザと風邪は症状がいていますが、

抗インフルエンザ薬と風邪薬では体の中で働く効果が大きく違います。

 

風邪薬は市販薬でも処方薬でも多少の成分や効き目の大小はありますが、

基本的には解熱やのどの炎症を落ち着かせて咳やくしゃみを抑える成分が含まれています。

 

一方、抗インフルエンザ薬はそうした症状を抑える効果はなく、

インフルエンザウィルスの増殖を抑えてそれ以上悪化しないようにするのみの特化しています。

 

風邪は症状の進行がゆっくりで症状も高熱になることが少ないために症状を

抑えることを主軸におきますが、インフルエンザは急激に症状が現れて、

症状の重篤化やさまざまな合併症が起こりやすいためにウィルスを増やさないことに主軸を置いているのです。

 

インフルエンザの治療のときに、抗インフルエンザ薬とは別に

解熱剤や鎮痛剤が処方されるのには、そういう理由があったのですね。

 


Sponsored Link


 

風邪薬の服用は危険を伴う?

予防接種をしていてもインフルエンザにはかかる

 

インフルエンザか風邪かわからなくても、予防接種としてインフルエンザワクチンを

打っているから風邪と思いこんで風邪薬を飲むのは、少し待った方がいいかもしれません。

インフルエンザの予防接種をしていても、必ずしもインフルエンザにかからないわけではないためです。

 

ワクチンはインフルエンザにかからないように体内に抗体を作りますが、

インフルエンザウィルスと接触したときに疲れていて体力が落ちていたりすると、

抗体がうまく働かずにかかってしまうこともあるためです。

 

しかし、インフルエンザが発症していても抗体自体は存在しているため、

症状はワクチンを接種するよりも軽くなるために更に風邪と見分けが付きづらくなるのです。

 

インフルエンザのときに飲んではいけない成分3つ

インフルエンザに感染していても、症状が弱く風邪と思って風邪薬を飲んでしまうことはありますが、

疑わしいときは「アセチルサリチル酸」・「ジクロフェナクナトリウム」・「メフェナム酸」

という成分が一つでも入っているものは避けましょう。

 

アセチルサリチル酸はアスピリンやエテンザミド、 ジクロフェナクナトリウムは

ボルタレン、 メフェナム酸はポンタールという名前でも記載されている場合があり、

これらの成分は通常では解熱や鎮痛に効果が期待できます。

 

ですが、インフルエンザに感染しているときに限っては、ライ症候群や

インフルエンザ脳症・脳炎といった合併症を起こす可能性が高くなるためです。

 

これらの成分は風邪薬だけでなく、解熱鎮痛剤にも含まれていることが多々ありますので、

インフルエンザの可能性があるときの市販薬の服用は、パッケージや添付文書をよく読んでからにしましょう。

 

 

病院には行った方がいいの?

病院に行ったほうが症状緩和が期待できる

 

インフルエンザにかかったと思われるときに風邪薬は飲まないほうが

いいことがわかりましたが、病院には行ったほうがいいのでしょうか。

 

結論から先に書きますと、「インフルエンザと思うとき、

病院には出来る限り行ったほうがいい」ということです。

 

抗インフルエンザ薬は適切なタイミングに適切な使い方をすれば、

高い発熱の期間を1日ほど短縮できますし、処方薬は基本的に市販薬よりも

高い効果があるものが多いので症状の緩和も期待できます。

 

更には完治までに日数が減ることによって周囲の人への感染拡大を防げますので、

インフルエンザの疑いがあるときは出来るだけ病院に行くことをおすすめします。

 

ウィルスを広めないためにも病院へ

自分の症状の辛さを軽く出来ることや、周囲の人への感染を防ぐことは

どんな人にも当てはまりますが、更に言うと症状が出始めた前1週間以内に

外国にいた人はすぐに病院に行くべきです。

 

2009年から2010年に世界的に大流行した新型インフルエンザは、さまざまな国に入った

きっかけは自然に季節風から運ばれてきたものだけでなく、

海外に渡航していた人が運んできたものも多く確認されているからです。

 

海外に行ったからと言って、必ずしもかかるインフルエンザがみんな新型なわけではありませんが、

遠く離れた土地にあわせて変化している可能性があるために、

病院で専門の検査を受けて新型や変化していないかを病院に行って確認しなければなりません。

 

 

まとめ

風邪薬とインフルエンザの薬は効果が違うために、

風邪薬ではインフルエンザは治りません。

 

インフルエンザにかかっているときに飲むと合併症を

引き起こす成分があるため、市販薬を飲むときは注意が必要です。

 

インフルエンザにかかっていると思われるときは、

自分のためにも周囲の人のためにも病院にかかりましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ