インフルエンザで風呂場感染!幼児を入れる順番はどうする?

 

家族が一人でもインフルエンザにかかると、

自宅の中で感染しないかどうかで心配になりますね。

 

中でもまだ体力のない幼児がインフルエンザにかかると、

食事や薬だけでなくお風呂のお世話も大切になってきます。

 

インフルエンザにかかっていても、お風呂に入れていいの?

お風呂場でインフルエンザに感染しない?お風呂に入る順番は決まっている?

 

インフルエンザにかかったときのお風呂について調べました。


Sponsored Link


インフルエンザはお風呂場で感染するの?

お風呂場でのインフルエンザ感染は少ない

 

インフルエンザシーズンの心配事の一つといえば、家族間でのインフルエンザ感染ではないでしょうか。

たとえ流行していても、同じ屋根の下で暮らしていれば接触は密になり感染する可能性はとても大きくなります。

 

そして、生活の中で同じ場所を共有するお風呂場は感染しそうな

気になりますが、実際お風呂場で感染してしまうのでしょうか。

 

汗を流すお風呂場では、インフルエンザウィルスがたくさん落とされるでしょうが、

実は普通の居間や寝室よりお風呂場のほうがインフルエンザウィルスは少ないとされています。

 

なぜお風呂場のほうが少ないかというと、インフルエンザウィルスの特徴として

高温多湿に弱く、気温20度以上・湿度50%以上の場所では長く生きられないためです。

 

インフルエンザシーズンの冬場でも、湯船を沸かして入浴したお風呂場の

湿度は優に70%を超えますので、乾燥した部屋よりも早く死滅してしまいます。

 

インフルエンザウィルスを注意する場所

温度と湿気でインフルエンザウィルスが少ないお風呂場ですが、

それでも感染に気をつけておいたほうがいい箇所かいくつかあります。

 

お風呂場のドアやシャワーヘッドの持ち手、蛇口付近はお風呂場の中でも

比較的乾燥していてインフルエンザウィルスが生き残っている可能性が懸念されます。

また、直接手が触れる石鹸やシャンプーボトルなどにもインフルエンザウィルスが付着していているかもしれません。

 

お風呂場ではありませんが、インフルエンザにかかっている人が使ったタオル類は

一番インフルエンザウィルスが生き残っている可能性が高く、同じタオルを共用すると

インフルエンザに感染してしまうでしょうから、使わずにすぐ洗濯をしたり生活空間から離したほうがいいですね。

 


Sponsored Link


 

幼児はお風呂に入れてもいいの?

発熱が落ち着いた治りかけならOK?

 

インフルエンザに感染しているのが大人でなく幼児の場合は、看病するほうも

インフルエンザになりそうでこまめにお風呂に入れたいところですが、

インフルエンザにかかった幼児はお風呂に入れていいのでしょうか。

 

インフルエンザにかかっていても、熱が下がっていて体力が戻っているようならば、

多少咳やくしゃみをしていてもお風呂に入って問題ないといわれています。

 

病院や医師によっては、湯船につかって全身を温めることは体が元から

持つ免疫力を強化するために、早く病気が治るのではないかと推進している人もいるくらいです。

 

昔はお風呂に入れなかったのはなぜ?

昔はインフルエンザにかかっていると、完治するまではお風呂に

入ってはいけないといわれていたことを思い出す人もいることでしょう。

なぜ今は治りかけでもお風呂に入ってもいいとなったのでしょうか。

 

これには、病気が新型になったり薬が変わったからでなく、

住宅事情が変わったことが大きな理由になっています。

 

過去、各家庭に内風呂がなかったり、お風呂自体がなくお風呂というと

もっぱら銭湯や温泉といった公衆浴場だったために、衛生面や室温管理が良くなく、

インフルエンザウィルスを広めてしまったり逆に別の病気に感染したりという理由からです。

 

予防接種でワクチンなどを注射したあとのお風呂禁止も、

同じ理由で注射痕から別の病気にならないための措置でしたので、

最近は数時間の短い待機時間でお風呂に入れる予防接種もあります。

 

 

お風呂に入る順番はどうすればいい?

インフルエンザの人は最後に入浴を

 

インフルエンザにかかっていても症状によってはお風呂に入って大丈夫ですが、

できれば家族や看病をする人に感染をさせないように気遣いたいものです。

 

お風呂場だけでインフルエンザに感染することは少ないですが、

少しでも感染リスクを減らすためにインフルエンザに

感染している人が一番最後に入浴するのがいいでしょう。

 

ドアノブや石鹸、タオルなども使ったすぐあとよりも、時間を置いたほうが

ウィルスの数は多少減りますので、最後に入ってもらって、

そのあとよくお湯をかけ流して換気をすることによってお風呂場での感染を防げます。

 

入浴後の湯冷めと脱水症状には気をつけて

家族と暮らしていると、どうしてもお風呂に入るのは夕方以降の時間帯になってしまいます。

インフルエンザにかかっている人が最後にお風呂へ入るとき、

往々にして夜間になってしまうかと思いますが、そのときに湯冷めしないことに注意しましょう。

 

湯船に入って体が温まると今まで使っていた寝間着や布団が暑く感じますが、

このときに暑いからと薄着になったり布団を減らすと湯冷めして症状がぶり返すきっかけになりかねません。

 

しかし、湯冷めを気にしすぎるあまりに水を飲まないのも脱水症状を

起こしてしまいますので、入浴前後に1回づつ水分補給をしておきましょう。

 

 

まとめ

 

インフルエンザにかかっている人がお風呂に入っても、お風呂場で感染することは少ないです。

幼児がインフルエンザにかかっていても、熱が落ち着いて体力が戻っていれば問題ありません。

 

感染リスクを減らす意味でも、インフルエンザにかかっている人は最後にお風呂に入るのがいいでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ