インフルエンザでお風呂に入るとうつる?残り湯はやめてシャワーがいい?

 

インフルエンザで高熱で汗が出たら、お風呂に入って全身すっきりしたい!と思いますね。

しかし、昔からイ熱が出たときにはお風呂に入ってはいけないと

言われているため、つい入るのをためらってしまいます。

 

本当にインフルエンザのときにはお風呂に入ってはいけないの?お風呂じゃなくてシャワーなら大丈夫?

インフルエンザの人が使ったお風呂の残り湯を使うと、感染してしまう?

 

実は知らない、インフルエンザとお風呂についてまとめました。


Sponsored Link


インフルエンザの場合、お風呂に入るとうつる?

インフルエンザのときはお風呂に入っていいの?

 

高熱になる特徴を持つインフルエンザにかかると、

汗が多く出て体がべたついて気持ち悪くなってしまいますね。

 

お風呂に入って全身洗い流したくなりますが、インフルエンザに

かかっているときにお風呂に入って大丈夫なのでしょうか。

 

昔は風邪やインフルエンザにかかったら、完全に治るまで

お風呂には入らないように言われていましたが、

今では熱が落ち着いて体力が戻ってきたらお風呂に入っても問題ないとされています。

 

以前は風呂場の立地や衛生面、または不特定多数が使う銭湯に行くことなどの面で、

病気が完治するまではお風呂には入らないように指導されていましたが、

しっかりと暖房が効く室内と綺麗な内風呂が多くの家についたことにより、

完治していなくてもお風呂に入っていいと言われています。

 

むしろ、発熱が治まり体力が戻ってきた頃ならば、体の中も温められる

お風呂は熱によって免疫力を挙げる効果もあるとされていますので、

医師によっては入浴を推奨する人もいるほどです。

 

お風呂からインフルエンザは感染しない?

インフルエンザにかかっている人がお風呂に入ることによって、

お風呂場を介してインフルエンザが感染しないかと、

一緒に暮らす家族は心配になることでしょう。

 

インフルエンザ患者がお風呂に入ることによってインフルエンザがうつることは、

実は同じ居間や寝室、トイレにいることよりもお風呂場のほうが感染力が低いのです。

 

インフルエンザのウィルスは高温多湿に弱く、過去の新型のものも含めて

多くの型のウィルスは気温20度以上・湿度50%以上の空間では短時間で死滅することが分かっています。

 

注意点としては、お風呂場のドアノブや蛇口類、石鹸やシャンプーといった

アメニティ類などの比較的乾いているところや、体を拭くために使った

タオル類は生きているインフルエンザウィルスが付着していて感染してしまいます。

 

タオルの共用は避け、お風呂場にあるものは使う前によくお湯で流すようにしましょう。

 


Sponsored Link


 

使用したら残り湯は捨てた方がいいの?

残り湯にインフルエンザウィルスはいない

 

インフルエンザでも体温と体力しだいではお風呂に入れますが、

お風呂に入ったあとの残り湯にはインフルエンザのウィルスが残っていたらと思うと

すぐ捨てたくなりますが、捨てたほうがいいのでしょうか。

 

気になる人もいるでしょうが、残り湯の中のインフルエンザのウィルスは

水分で死滅していますので、そんなに過敏にならなくても問題ありません。

 

湿度50%以上の空気中では生きられないインフルエンザウィルスですので、

当然の水の中では生きられないので、残り湯を使ってインフルエンザになるようなことはないでしょう。

 

ですが、ドアノブやアメニティなどの乾いているところにはしばらく生きている

ウィルスが付着していますので、次にインフルエンザにかかっていない人が

お風呂に入るのはおすすめできないので、インフルエンザにかかっている人に

一番最後にお風呂に入ってもらうのが安全です。

 

残り湯は洗いや雑用水に使用可能

お風呂の残り湯を洗濯や掃除に使う人も少なくないかと思いますが、

インフルエンザにかかっている人が入った残り湯を使うのはどうなのでしょうか。

 

残り湯に入ったインフルエンザウィルス自体は早い段階で死滅しているために、

残り湯からインフルエンザに感染することはないと言えます。

 

ですが、普段の残り湯同様にインフルエンザ以外の細菌やウィルス、

発熱で出た汗や垢で汚れているためにすすぎ洗濯や仕上げ掃除に使わず、

洗濯の洗いや掃除の雑用水として使うようにしましょう。

 

 

シャワーだけなら浴びても良い?

インフルエンザのときのシャワーはOK?

 

お風呂に入るのは体力を使うなら、シャワーだけならいいんじゃないかと思う人もいるかと思います。

 

確かにシャワーだけならそんなに体力を使わずに手早く汗を流せますが、

熱が下がっている・体力が戻ってきているなどの、湯船につかる以上に注意が必要になってきます。

 

インフルエンザの流行シーズンの冬場はお風呂場を含めて室内でも気温が低くなりがちで、

シャワーだけだと体の内側の温度があまり変わらず表面が水分に熱を奪われるために

結果的に全身の体温が下がってしまい、インフルエンザの症状がぶり返してしまう可能性があるためです。

 

お風呂場や脱衣所、寝室とシャワーを浴びたあとに使う部屋をしっかり温めて、

体が冷えないようにできるのなら湯船につからずともシャワーでも十分汗を流せます。

 

インフルエンザの予防接種後のシャワー

インフルエンザとシャワーの組み合わせを聞くと、以前は予防接種でインフルエンザワクチンを

接種した当日のお風呂やシャワーを禁じていたことを思い出す人もいるかと思います。

 

この入浴禁止も、各家庭の内風呂の立地や銭湯などの公衆浴場での衛生面の安全性が

低かったことに由来してますので、現在では接種後1時間以上経過したら入浴して問題ないとされています。

 

時間を1時間置くのも、ワクチンによる副作用やアレルギー反応が接種後1時間以内に

現れることが多いからという理由で、入浴に関しては無関係とも言われています。

 

 

まとめ

インフルエンザにかかっていても症状が落ち着いて体力が戻ってきたら、お風呂に入っても問題ありません。

残り湯の中ではインフルエンザのウィルスは生きていられませんので、洗濯や掃除に使って大丈夫です。

 

シャワーも湯冷めしないように気をつければ、体力を多く使わないで手軽に汗を流せます。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ