インフルエンザの免疫は何年有効?もうかからないの?

 

インフルエンザが流行する時期になってきて、仕事や学校が忙しいとかかりたくはないものです。

たまにインフルエンザの予防接種をしているとインフルエンザに免疫ができて

かからないという話を聞きますが、本当にかからなくなるのでしょうか?

 

免疫ができるとインフルエンザにかからない?免疫は何年くらい有効なの?

そもそもどうすればインフルエンザの免疫がつくの?

 

インフルエンザと免疫について、簡単にまとめました。


Sponsored Link


インフルエンザは1回かかると免疫がつく?

免疫とはどんなもの?

 

インフルエンザの免疫と聞くと、どんなものを想像するでしょうか。

インフルエンザにかからなくなる要素、早めに撃退する体内システムなどが挙げられますね。

しかし、免疫という言葉はよく聞きますが、あまり詳しく知っている人は多くないと思います。

 

免疫を簡単に説明すると、以前かかったことのある病気の原因のウィルスや

細菌・毒素に症状や改善法などを覚えておいて、2回目以降に入ってきたときに

手早く撃退できるように備えておく体内システムです。

 

この免疫があるために、以前かかったことのある病気に

かかりづらくなったり、かかっても症状が軽くてすむのです。

 

インフルエンザの免疫は予防接種でも作られる

インフルエンザは症状が重くなったり感染力が強いという特徴を持っていますが、

他の風邪などの病気と同じく一度かかると体内で免疫が作られます。

 

また、インフルエンザや一部の病気は予防接種があり、

この予防接種を行うことによって一時的に免疫を作ることもできます。

 

予防接種は体内に作られる免疫のシステムを利用して、

その病気に対してかからないよう、または重症化しないようにするのです。

 

予防接種で注射されるワクチンは、インフルエンザなどの病気のウィルス・細菌の

毒性や感染性をなくしたものが入っていて、ごくごく弱い病気の原因を取り込むことで

免疫を働かせてウィルスや細菌を覚えさせて本来の病気に対応できるようにしておきます。

 

免疫のシステムに対して、ワクチンは模擬試験で実際のウィルスが

本番の試験とたとえると、わかりやすいかもしれませんね。

 


Sponsored Link


 

1度かかればインフルにはかからない?

毎年インフルエンザにかかる理由

 

免疫の作られ方や働きを知ってインフルエンザでも免疫が作られるのはわかりましたが、

ではどうして毎年のようにインフルエンザにかかってしまう人がいるのでしょうか。

 

同じように予防接種があるはしかや風疹は、一回かかった人や予防接種した人は

その後数年から数十年は再びかかることが少ないのに、不思議に思われるの人も多いと思います。

 

毎年のようにインフルエンザにかかるのには、

他の病気にはないインフルエンザ独特の理由があるためです。

 

インフルエンザはウィルスという、細菌よりも単純な体の作りをしていて、

単純な作りなだけにちょっとしたきっかけですぐに変異をしてしまうのです。

 

病気の対応する免疫は、一度入ってきた病気に対する対応マニュアルを作るのはとても上手なのですが、

少しでも変化したものに対しての応用が利かない頑固な性質を持っていて、

変異したウィルスを別の病気として一から対応するのです。

 

この変異はほぼ毎年のように起こっていて、どんどんと新しい型や見たことのない種類に

ウィルスの種類が更新していく度に免疫は、初めての病気と認識して症状が現れます。

 

予防接種しても油断はできない

免疫の性質は予防接種してできたものも同じで、予防接種したワクチンのウィルス型と

実際に流行したウィルス型が違うものだと、予防接種で作られた免疫は十分に働かずに症状が重症化する場合があります。

 

インフルエンザワクチンの型予想は、毎年WHO(国際保健機構)の発表や予測を

参考に国立感染症研究所が行い、近年では殆どの型を的中させています。

 

ですが、2009年に世界的に流行した新型インフルエンザのように、全く予想のしなかった

変異をするときもあり、ひと口にインフルエンザの予防接種を受けているから安心、

去年一回インフルエンザにかかったから今年は大丈夫、とはいえないです。

 

 

何年くらい免疫がつくの?

一回かかると数年は免疫が働く

 

一回体内にできた免疫は、同じ型のインフルエンザの撃退に有効かもしれませんが、

いったいどのくらいの期間免疫が働くのでしょうか。

 

実際に病気になって作られた免疫は、どの病気でも個人差が大きく

数年から十数年と期間に大きなブレが存在します。

 

一説によると、免疫ができている病気に何回も触れていると、

体が「この病気は何回も入ってきてかかりやすいようだから対策を強化しておこう」

バージョンアップをはかるといいます。

 

反対に一回しかかからず、何年も全く触れていないと

「この病気は今後かかることも少なそうだからこの対策はもう要らない」

判断して、働かなくなってしまうこともあるのです。

 

こうした免疫の取捨選択と当人の病歴や体調・遺伝などのさまざまな要因が

複雑に絡み合って、病気によって免疫が有効な期間はその人その人変わってくるのです。

 

予防接種は5ヶ月程度の有効期間

実際にかかって作られた免疫は年単位で有効ですが、インフルエンザの予防接種で

作られた免疫は期間がぐっと短くなり、有効期間は一般的に5ヶ月程度といわれています。

 

とても短く感じますが、インフルエンザウィルスは毎年のように変異して

違う型のものが流行するので、1シーズン限りの防御策と思えば妥当な期間ではないでしょうか。

 

また、人体の仕組みとしても熱も痛みもなく倒せた病気よりも、熱や痛みが出た

病気の経験を優先させて記憶しておきますので、どうしても実際かかったときの

免疫よりも予防接種で作られた免疫のほうが有効期間は短くなってしまうのです。

 

 

まとめ

インフルエンザなどの病気に感染すると、1つの型や病気ごとに体内で免疫が作られます。

 

インフルエンザは毎年のように新しい型に変異していくので、

前と違う型だと免疫が違う病気として対応するために何度もかかってしまうのです。

 

実際にかかって作られた免疫は数年、予防接種のワクチンで作られた免疫は5ヶ月ほど働くといわれています。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ