インフルエンザの免疫は?赤ちゃんに母乳を飲ませてもいい?

 

インフルエンザの話になると、インフルエンザの予防接種や免疫について話題になりますね。

免疫という言葉はよく聞きますが、免疫とはどんなものなのでしょうか?

 

インフルエンザは一回かかると免疫ができる?免疫ができるとインフルエンザにかからない?

赤ちゃんは母乳の免疫でインフルエンザにかからない?

 

そもそもインフルエンザにかかっているとき、母乳はあげてもいいの?

インフルエンザと免疫の疑問をまとめました。


Sponsored Link


インフルエンザは1回かかると免疫がつくの?

免疫とはどんなもの?

 

インフルエンザに限らず、1回病気にかかると免疫ができて

かからなくなるという話は聞いたことはあるかと思います。

 

ですが、人によっては毎年インフルエンザにかかってしまう人もいることから、

インフルエンザの免疫はできないように思えてしまいますが、実際はどうなのでしょうか。

 

免疫とは、一回体の中に入った病気の細菌やウィルスを分析し、

同じ細菌やウィルスが入ってきてもすぐに対処・撃退できるようにするシステムです。

 

始めて作る料理は材料から作り方まで大いに手間取っても、

2回目からは1回目の経験があるからスムーズに作れるといったことによく似ていますね。

 

この免疫システムはもちろんインフルエンザにも対応していて、

一回インフルエンザにかかると同じウィルスに対しては免疫が付いて

2回目以降は発症や悪化しないように対処をしています。

 

なぜ免疫ができたのに毎年インフルエンザになる?

では、なぜ他の病気と違い、毎年のようにインフルエンザにかかってしまったり、

毎年予防接種のワクチンを打ったりするのでしょうか。

ひとえにインフルエンザの「変異しやすい」という特徴に理由があります。

 

インフルエンザウィルスはとても単純な作りをしていて、

そのためにちょっとしたことでウィルスのつくりが変化してしまうのです。

 

変異したインフルエンザウィルスが体内に入ると、前に作った免疫が

「新型の違う病気が入ってきた」と判断し、毎回1回目として高い熱や咳が出てしまうのです。

 

1回かかってしまえば、その型のインフルエンザには免疫ができているのでかかりませんが、

インフルエンザウィルスはほぼ毎年のように変異したものが流行しますので、

体内ではウィスル変異と免疫作りのいたちごっこが行われているのです。

 


Sponsored Link


 

赤ちゃんの場合はどうなる?

赤ちゃんもインフルエンザにかかることがある

 

免疫といえば、生まれたばかりや母乳を飲んでいる時期の赤ちゃんは、

お母さんの免疫が体の中にあるために病気にかかりづらいとの研究がありますが、

赤ちゃんはお母さんの免疫でインフルエンザにかからないのでしょうか。

 

確かに免疫が残っている間、お母さんがかかったことのある病気にかかりづらくはありますが、

インフルエンザのウィルスは変異しやすく同じ型だけが何年も続けて流行するわけではないので、

赤ちゃんもインフルエンザにかかってしまいます。

 

体力がついていない1歳以下の赤ちゃんは特に重症化しやすく、

インフルエンザ脳症や中耳炎、肺炎などの合併症を起こすことがままありますので注意が必要です。

 

赤ちゃんの予防接種とアレルギー

赤ちゃんでもインフルエンザにかかってしまうなら、

かかる前に予防接種をしておきたくなりますね。

 

日本小児科学会や厚生労働省が案内する赤ちゃんへのインフルエンザワクチン接種は、

種類によって生後6ヶ月以降か生後1歳以降とされていて、

年齢が超えているのならば予防接種で対処するのもありですね。

 

ですが、一つ注意しなくてはいけないのは、インフルエンザワクチンは

鶏の卵を材料に作られていますので、卵アレルギーがあると使えない場合があります。

 

両親のどちらかが何かしらのアレルギーを持っていると、

赤ちゃんもアレルギーを持っている可能性が高く、

アレルギー検査をした上でインフルエンザの予防接種を受けるとよいでしょう。

 

 

感染している時、母乳は与えて良い?

インフルエンザにかかったら授乳しないほうがいい?

 

運悪く、授乳期にインフルエンザシーズンが始まってしまい、

母乳をあげているお母さんがインフルエンザにかかってしまうこともあります。

 

赤ちゃんに母乳をあげたいけれど、母乳から赤ちゃんへインフルエンザが

感染するのではとの心配から、母乳はあげない方がいいのかと悩んでしまうことでしょう。

 

ですが、インフルエンザは母乳からは感染しませんので、

インフルエンザにかかっていても変わらずに母乳をあげて良いのです。

 

親子でインフルエンザに感染するときは、授乳やおむつ替え・だっこのときに

体が密着し咳やくしゃみの唾液が赤ちゃんについてしまうことが原因で、母乳自体に問題はありません。

 

赤ちゃんへの感染を減らすには感染者との接触を減らすことですので、

母乳を直接飲ませずに搾乳したものを感染していない人の手であげるといいでしょう。

 

薬を飲んでたら母乳に薬が混ざるけど大丈夫なの?

インフルエンザにかかっていると、早く確実に治すために抗インフルエンザ薬を

服用しているかと思いますが、薬を飲んでいると母乳にも薬の成分が入って

赤ちゃんに良くないのではと心配になりますが、その点も心配しなくて大丈夫です。

 

お母さんが抗インフルエンザ薬を接種していても母乳の成分には殆ど影響はないために、

お母さんがインフルエンザにかかっていても、授乳は続けていて問題ないとされています。

 

確かにごくわずかの抗インフルエンザ薬の成分は含まれてしまうものの、

赤ちゃんの体に影響を及ぼす量には届きませんし、母乳に含まれるたくさんの

種類の感染防御因子はインフルエンザ以外の病気になることを防ぐために、

特殊な薬を使ったり医師から授乳をやめるように言われない限りは授乳しても良いかと思われます。

 

しかし、インフルエンザの症状が重く搾乳も難しいほどでしたら、

無理に母乳にこだわらずお母さんも赤ちゃんも無理のないようにするのが一番ですね。

 

 

まとめ

 

インフルエンザにかかると免疫が作られますが、すぐに新しい型のものに変異してしまい免疫が違う病気と判断します。

母乳でお母さんからの免疫はもらっていますが、赤ちゃんもインフルエンザにかかることがあります。

 

お母さんがインフルエンザにかかっていても、母乳からは感染しないので授乳を続けても大丈夫です。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ