熱中症の症状に頭痛はある?吐き気や寒気、眠気もあるときは

 

熱中症の症状は風邪に似たものも多くあります。

その中でも頭痛、吐き気、寒気は熱中症での発症はそこまでメジャーではないため
風邪と誤解してしまうケースも多くあります。

しかし誤った処置をしてしまうと命を落としてしまう危険性もありますので特に気をつけたいところです。

 

熱中症で頭痛?

 

熱中症の症状に頭痛があります。これは血管の収縮が激しくなることと、
脱水症状により血の巡りが悪くなっており、脳に血液がいかない、

つまり酸素や栄養が行き渡らない状態になっており頭痛が起きるのです。
頭の脱水症状であるという風に考えてもらうとイメージがわかりやすいかもしれません。

熱中症の症状である場合とそうではない頭痛の違いは、頭痛薬が効果がないことです。
熱中症の頭痛は締め付けられるような痛みである場合が多いそうです。

7-1
対処法は、やはり基本的である塩水分摂取。
まず血流をよくしなければなりません。また体温を冷やす必要もあります。

危険なのは「たかが頭痛」と軽視すること。
頭痛は熱中症の程度でいうと中度。熱疲労でもかなり大きな症状です。

放置すると重度の熱中症につながり、大変危険なのでよく気をつけましょう。


Sponsored Link


暑いのを我慢していたら吐き気がする・・・

 

熱中症による吐き気は、特に子どもに多くみられる症状です。
しかし現状大人でも発症は珍しくないようです。

吐き気が起こる原因はまず血流が悪くなっていること。
そしてそこから優先的に送らなければならないところへ血液を運ぶため、優先順位の低い臓器には血液が流れなくなることがあります。

それにより内臓がショックを起こし血管の収縮がはげしくなるため吐き気や嘔吐の症状になっていく、ということです。

もし嘔吐してしまったときは軌道を閉ざさないために横向きに安静にするのが良いです。
また頭痛と吐き気は熱中症の症状としては再発しやすいのだそうです。

完治したと思ったら発症した、そんなときは体が本調子でないということ。
無理はしないでおきましょう。

7-2

 

暑い、そしてなんだか眠くなってきた・・・、それは危険!

熱いときに疲労だけでなく、
眠気を感じたときは熱中症の倒れる近くまで来ている症状です。

危険な症状には他に寒気がありますが、おなじ様な状態です。
熱中症は体が熱くなりきって神経感覚が異常になっている状態です。

症状を無視していると倒れるまでに至ってしまい、
下手をすると最悪のケースに陥る場合もあります。

7-3

また、熱中症は就寝中にも発症します。
夏場にエアコンをタイマーにして就寝、

タイマーが切れたときからぐんぐん体温があがり熱中症(熱射病)になってしまい、
そのまま帰らぬ人になった・・・などという話もあります。

インフルエンザと同じく命に関るケースはさほどないように思われますが、
ありえる話ではあるのです。

 


Sponsored Link


まとめ ~もし頭痛など症状が出たときにできる応急処置は?~

夏場の炎天下の外や、工場のように快適でない環境で熱中症は発症しやすいです。
たとえばあつい、のどが渇いた、という時点で水分を摂取するのが理想です。

また休憩中にを摂取することをお勧めします。
実は味覚で熱中症の度合いを自己確認することが可能なのです。

例えば熱中症対策の塩飴や、梅干などをひとつ食べたときに塩気を感じるかどうか
このときに甘く感じた場合は明らかな塩分不足です。

そういう時はもう2,3個水とともに食しましょう。
また頭痛などがでた場合はすぐに休みましょう。

仕事の場合は上司に一度報告しましょう。
涼しい部屋、もしくは濡れタオルなどで体を冷やし水と塩分を摂取して横になれば、はやければ1時間ぐらいで回復します。

下手に我慢すると回復にも時間がかかってしまうのです。
熱中症で大事なのは自己判断。辛くなったら無理をしないことも大切です。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ