自律神経失調症の症状に嘔吐がある時!女性の吐き気は?

 

真夏らしく汗が流れ落ちるほどの日が続いたので、いよいよ夏本番かと思えば、
エアコンいらずの少しひんやりした日もあり、なんだか安定しない陽気が続きますね。
こんな時はもっとも体調を崩しやすいので、気を付けたいものです。

 

ところで、皆さんは自律神経失調症という病名を聞いたことがありますか?
病名自体はとてもよく知られていますね。
では、自律神経失調症が実は夏に流行しやすいこともご存知でしたか?

 

夏はその暑さや、エアコンによる外気温との大きな気温差などで身体が受けるストレスがとても大きいため、
自律神経のバランスを崩しやすいんですね。

 

特に女性は自律神経のバランスを崩しやすく、
自律神経失調症にかかりやすいと言われています。

 

今回はそんな自律神経失調症から、嘔吐・吐き気の症状に注目してみましょう。
嘔吐や吐き気の症状は、風邪や他の病気でも現れやすい症状ですから、
自律神経失調症のメカニズムを詳しく知っておいて、
正しく対処できるようになりましょう。


Sponsored Link


女性に多い自律神経失調症!その理由は?

 

自律神経は、大脳の視床下部にある交感神経と副交感神経のふたつの神経を総称したものです。

 

交感神経は、活動を担当するため、筋肉を緊張させ、心肺の動きを促進してくれます。
一方で副交感神経は、休息を担当し、胃腸など消化器系の働きを促進して、身体を回復に導く役割があります。

 

このふたつの神経が絶えず同じ力で綱引きをして、身体の状態を常にニュートラルに保ってくれている、というわけです。

 

ですが、このパワーバランスが、何らかの理由で崩れてしまうと、
どちら一方の神経の働きのみが強く出てしまうことになります。

 

そうすれば、もう一方の神経が担当しているものに不具合が起きます。
こういった不具合を自律神経失調症と呼ぶんですね。

 

では、なぜ女性は自律神経失調症にかかりやすいのでしょうか?

これには、自律神経が存在する視床下部のすぐ近くにある脳下垂体が関係してきます。

 

脳下垂体では、さまざまなホルモンが分泌されています。
男性ホルモンや女性ホルモンがその代表例です。

 

思春期に分泌されてからは比較的安定している男性ホルモンに比べ、
女性ホルモンは、毎月の生理、妊娠・出産、さらには更年期に閉経と、
その一生を通じてかなり不安定です。

 

自律神経の存在する視床下部は、この脳下垂体のコントロールも行っているため、
ホルモンバランスの乱れの影響を受けやすいんですね。

 

また、逆に自律神経のバランスが乱れることでホルモンバランスが乱れることもあります。

相互に非常に強く作用し合っているんですね。

 

そのため、ホルモンバランスが乱れがちな女性の方が、自律神経失調症にかかりやすいんです。

また、女性の方が男性に比べ、血圧が低いことも原因のひとつに挙げられます。

 

低血圧だと朝なかなか起きられなかったり、だるかったりしますよね?
これは、睡眠時に優位に働いている副交感神経がいつまでも強く働き続けているからです。

 

つまり、交感神経と副交感神経のパワーバランスがうまく取れていないんですね。
日常的に自律神経のバランスが取れていないので、
ちょっとしたタイミングで、一気にバランスが崩れてしまいやすい、というわけです。

 


Sponsored Link


 

吐き気はどうして起きるの?

 

ストレスが溜まっていくと、なんとなく落ち着かなかったり、
頭の中が考え事でいっぱいになったりしますよね。
これは、身体が常に緊張状態にあるせいです。

 

緊張状態が続くと、交感神経が常に優位に働いてしまっていることになります。
そうすると、副交感神経が働く時間が極度に少なくなるわけですから、
副交感神経が担当する身体の機能にトラブルが生じます。

 

先ほど、副交感神経は胃腸の働きを促進する、とお話ししましたね。
副交感神経の影響をもっとも受けやすいのは胃です。

 

消化器である胃の活動にトラブルが起きると、
空腹なのに胃酸が多く分泌されたり、食事をしっかりしたのに胃酸が分泌されない、など、
胃酸の分泌に異常が生じます。

 

胃がからっぽなのに胃酸が分泌されれば、当然胃壁は荒れますし、
また、食べたものがいつまでも消化されなくても、やはり胃壁は荒れます。
胃壁が荒れることで吐き気を覚えたり、
場合によっては嘔吐してしまったりするんですね。

 

 

吐き気や嘔吐はとてもメジャーなトラブル!自律神経失調症と判断するには?

自律神経失調症の吐き気や嘔吐は、胃薬などでは解決しません。

 

原因は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れていることにあるわけですから、
このバランスを元に戻さない限り、胃薬は一時的に落ち着くことはあっても、
再発する可能性が高いんですね。

 

では、どうやったら、その吐き気や嘔吐が自律神経失調症によるものだと判断できるのでしょうか?

吐き気や嘔吐の症状が見られたら、まずいくつか身体の状態をチェックしてみましょう。

 

めまいや耳鳴り、頭痛とともなってはいませんか?

交感神経が優位に働くと、筋肉の緊張が起こるため、
血圧が上がります。

 

この血管収縮の影響で頭痛が起きることがあります。
また、血圧が上がれば血流も悪くなりますから、貧血に似ためまいや耳鳴りの症状が現れます。
これは風邪では現れない症状ですから、ひとつも目安になるかと思います。

 

胃薬を飲んでも慢性的に吐き気を感じていませんか?

胃薬には胃酸の分泌を抑えたり、胃壁を保護してくれる役割がありますが、
胃に指示を出す自律神経に問題があった場合、また同じ症状が起きる可能性が高いです。

 

胃薬を飲んでも、またすぐに吐き気や嘔吐の症状が出るようであれば、
自律神経失調症を疑ってみましょう。

 

胃酸過多の場合ですと、胃潰瘍や逆流性食道炎に発展してしまう場合がありますから、
病院へ行って検査をしてもらうのも良いでしょう。

 

生理が遅れていたりしていませんか?

女性の場合ですと、吐き気や嘔吐があると、「まさか妊娠?」と思うこともあるかもしれません。
ですから、吐き気や嘔吐の症状が見られたら、まずは生理日の確認をしてみましょう。

 

妊娠超初期ですと、頭痛やめまいなどの症状が併せて起きることもありますので、
少しでも思い当たるところがあれば、まず婦人科へ行ってみましょう。

 

 

つらい吐き気や嘔吐……その治療法は?

吐き気や嘔吐は、日常生活にも支障をきたす非常にやっかいな症状です。
ですからなるべく早く治したいですよね。

 

自律神経失調法は、病原体などが存在する病気というわけではありませんので、
病院へ行った場合も、今出ている症状を緩和する薬しか処方されません。

 

生活や食生活の改善によって、交感神経と副交感神経のバランスを元に戻してあげることが、
根本的な治療につながります。

 

ここでは、自律神経失調法の治療法と同時に、
吐き気や嘔吐の症状が現れた時の対処法についても学んでいきましょう。

 

指圧やマッサージ、ストレッチを行う

吐き気や嘔吐がある場合の自律神経失調症は、交感神経が優位に働いていることが原因ですから、
緊張でこりかたまった身体をほぐして副交感神経の働きを促し、
リラックスした状態を作ってあげることが大切です。

 

とはいえ、指圧やマッサージ、整体にこまめに通うのは、あまり現実的ではありませんね。

 

入浴時などに自分でマッサージする、
仕事などの合間に軽く身体を伸ばしてストレッチをする、などでも十分に効果はあります。
意識的に取り入れてみましょう。

 

ぬるめのお湯で半身浴をする

 

湯船につかることは、血行を良くし、身体をほぐすのにもっとも手っ取り早い方法です。

 

ですが、熱いお湯につかったり、我慢して長風呂するのでは、
逆に身体に疲労が蓄積し、逆効果です。

 

37~38度の、体温より少し高いくらいのぬるめのお湯での半身浴は、
20~30分時間つかっていても負担にはなりませんし、
下半身からゆっくりと身体を温め、芯まできちんと温めてあげることができます。

 

その際にアロマオイルを使用してみたり、ヒーリングミュージックを聴いてみてあげると、
さらにリラックス効果が高まります。

 

「ああ夏か」を控える

 

吐き気や嘔吐の症状は胃壁の荒れが原因であることは、すでにお話しした通りです。

 

胃壁が荒れている時は食欲が落ちますが、
それでは必要な栄養が取れず、別の病気の原因になってしまう可能性があります。

 

ですから、きちんと食事は取りましょう。
この際に気を付けたいのが、「ああ夏か」と呼ばれる食べ物です。

「あぶらっこいもの」「あまいもの」「なまもの」「つめたいもの」「からいもの」、
これらの頭文字を取って「ああ夏か」です。

 

これらの食べ物は、胃酸の分泌を促進したり、胃に余分な刺激を与えてしまうため、
荒れてしまっている胃壁にはあまり良くない食べ物です。

 

これらを避けた、温かいうどんやぞうすいなど、食べやすいものをチョイスして、
できるだけきちんと栄養を摂るようにしましょう。

 

 

この記事のまとめ】

いかがでしたか?

 

夏の吐き気や嘔吐は、夏風邪や熱中症、食あたりなど、原因が多岐に渡るため、
対処が難しいですよね。
これからは、「おかしいな」と思った時に、自律神経失調症も可能性のひとつに入れてみてください。

 

自律神経失調症だけでなく、他の症状の知識も学んでおけば、
より迅速な対処ができ、早い回復につながります。

 

これを機に、様々な病気についての知識を身に付けてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ