自律神経失調症の症状に手足のしびれがある?高血圧は要注意!

 

まだ梅雨明けはしていないようですが、

「梅雨はいったいどこへ!?」と言いたくなってしまうような天気が続きますね。

 

すでにエアコンをフル稼働させている方も多いのではないでしょうか?

さて、こう暑くなってきますと、身体にもさまざまな影響があります。

 

熱中症などはその代表例ですね。

ですが、こういった気候の変化により流行する病気が、実はもうひとつあるんです。

 

自律神経失調症、という病名を耳にしたことはありますか?

名前自体は非常によく聞かれる病気ですよね。

 

ですが、自律神経失調症にも流行があることをご存知の方は少ないのではないでしょうか?

今回は、そんな自律神経失調症についてのお話しです。

 

自律神経失調症になりますと、さまざまな症状が現れますが、

実はそれらの根本には、「高血圧」が大きく関わっています。

 

また、そんな高血圧により起こる手足のしびれも、見逃せない症状のひとつです。

これらを自律神経失調症のメカニズムから、しっかり学んでいきましょう。


Sponsored Link


自律神経失調症が夏に流行?それは何故?

まず、病名にも入っている「自律神経」について簡単にお話ししましょう。

自律神経とは、胃や心臓・肺などの内臓機能や血管の動きといった、

 

自分では意識してもできないことをしてくれる神経を指します。

さらに、自律神経のなかには交感神経・副交感神経と呼ばれる2種類の神経が存在します。

 

交感神経は、身体の活動やストレス、筋肉の緊張を担当し、心臓や肺の動きを促進します。

いわばスイッチのONの役割をしているわけです。

 

それに対し、副交感神経はスイッチのOFFの役割をします。

つまり、休息やリラックス、回復を担当し、胃や腸など消化器官の働きを活発にしてくれるんですね。

 

 

状況に応じてスイッチのONとOFFをバランス良く切り替えることで、

ヒトは健康な状態を保っているわけです。

 

ところがストレスや不規則な生活習慣によって、

きちんとした休息が取れなくなるとどうでしょう?

 

スイッチがONであることの方が多くなりますよね。

これが自律神経のバランスが崩れてしまう、ということです。

 

自律神経失調症が夏に流行しやすい理由はここにあります。

熱帯夜で寝苦しく、よく眠れないことはありませんか?

 

睡眠不足はもっとも分かりやすい身体への負担です。

また、暑い外から涼しい室内に入るのは、非常に気持ちいいものですが、

 

外気温と室温の差が大きくなるのも、

知らないうちに身体に多大なストレスをかけてしまっているんですよ。

 

 

実は低血圧の人の方が危険!?自律神経失調症と血圧の深い関係!

ではいよいよ、自律神経失調症と高血圧の密接な関係について学んでいきましょう。

 

自律神経失調症の諸症状が、スイッチのONの部分、

つまり交感神経の必要以上の活発な働きであることは、すでにお分かり頂けたかと思います。

 

ここでもう一度交感神経が何を担当するかを思い出してみましょう。

そう、「活動・ストレス・筋肉の緊張」でしたね。

 

この「筋肉の緊張」が鍵になるんです。

筋肉が緊張状態になると、身体に力が入ってこわばりますよね。

 

力が入るということは、圧がかかる、ということでもあります。

つまり、血管にも圧がかかり、血管が収縮しているわけです。

これがいわゆる「高血圧」の状態です。

 

逆に、副交感神経が優位に働いている時はリラックス状態ですので、筋肉は緩み、血圧も自然と低くなっているわけです。

 

となると、日常的に血圧の高い人の方が自律神経失調症にかかりやすい気がしますが、

そうでもないんですね。

 

実は、低血圧気味の人の方が自律神経失調症のリスクが高いんです。

緊張しているものを緩めるより、緩んでいるものを緊張させる方が、力がいりますよね?

 

 

つまり、低血圧の人の方が、普段活動する際にストレスを感じやすく、

また、自律神経の切り替えがうまくできていない可能性が高いんですね。

 

 

高血圧になると手足のしびれが?呼吸も影響している?

自律神経失調症によって高血圧になると、さまざまな症状が現れます。

その代表的なものが「冷え」や「手足のしびれ」です。

 

血圧が高くなるとその分血液の流れが悪くなります。

水の流れるホースを上から踏んだ状態で考えると分かりやすいですね。

 

血のめぐりが悪くなりますと、身体は冷えてしまいます。

また、血管は血液と共に酸素を運ぶため、酸欠状態にもなってしまうんですね。

 

筋肉を通る神経が酸欠になると、神経が「苦しい!」と反応します。

これが手足のしびれにつながるんです。

 

さらに、手足のしびれのもうひとつの原因に「呼吸」があります。

身体がストレスを感じると、ヒトの呼吸は自然に浅く早くなりがちです。

 

いわゆる「口呼吸」の状態です。

呼吸が浅いと、どうしても身体に取り入れる酸素が少なくなります。

 

これも血中、そして神経の酸素不足につながっているわけです。

 

 

どうしたら改善できる?

自律神経失調症の症状の改善には、

副交感神経をきちんと働かせてあげて、ONとOFFのバランスを取る必要があります。

 

つまりは「正しく休息を取りましょう」ということですね。

ですが、生活が不規則になったり、ストレスを感じるほど忙しい場合、

 

そんな簡単に「休息を!」と言われても、なかなかに難しいですよね。

ですので、ここでは毎日数分から数十分でできることをご案内します。

 

高血圧や手足のしびれといった症状は、

いずれも交感神経が働き過ぎることによる身体の緊張が原因ですから、

 

なるべく筋肉をほぐしてあげたり、血圧を下げて血流を良くしてあげることが大切です。

 

マッサージやストレッチ

ふくらはぎをもんでみる、肩を伸ばしてみる、そんな簡単なストレッチでも、

身体をほぐしてあげることはできます。

 

仕事の合間の少しのストレッチでも、毎日続けることで、少しずつ効果は表れてきますよ。

 

半身浴

血行を良くして身体をほぐすのに一番手っ取り早いのは、入浴です。

 

そのなかでも特に半身浴は、全身浴よりも身体の負担が少なく、

ゆったりじっくりと身体を温めてあげることができるので、ぜひ実践したい方法です。

 

ここで気を付けたいのがお湯の温度です。

身体を温めるのであるならば熱いお湯にした方が良さそうに思えますが、

 

熱いお湯ですと身体の芯まで温まる前に身体の表面が熱くなってしまいますし、

かと言って芯まで温まるまで使っているのはのぼせの原因になってしまいます。

 

 

のぼせてしまうと身体に負担がかかる結果になり、逆効果です。

体温よりも少し高い37~38度のぬるめのお湯に20~30分程度つかるのがベストです。

 

お湯にアロマオイルを少し入れてみたり、

入浴中にヒーリングミュージックを聴いてみたりしてみましょう。

 

よりリラックス効果が期待できますよ。

 

温かいものをあてる

もっともシンプルですが、一番簡単で取り入れやすい方法です。

しびれがある部分を温めてあげましょう。

 

しびれがある場所というのは、血圧が高くなっている場所、ということです。

そこを直接温めてあげて、少しでも血圧を戻してあげるわけです。

 

筋肉の部分を温めてほぐすには、湯たんぽを使用するのが一番おススメです。

今はさまざまなサイズとデザインで、比較的安価で購入できますので、

 

これを機にお気に入りのものを探してみるのも、楽しいと思いますよ。

 

深呼吸

深呼吸をこまめに取り入れることで、

浅く早い口呼吸による酸欠状態を改善できます。

 

 

腹式呼吸を意識して、大きく鼻から吸い、ゆっくり少しずつ吐きだしていきましょう。

息を吐く際に自然と身体が脱力しますので、身体をほぐすのにも効果がありますよ。

 

 

この記事のまとめ

いかがでしたか?

 

自律神経失調症は細菌やウイルスによって発症する病気ではないため、

どのように対処したらいいか分からない、という方は多いと思います。

 

ですが、その症状を身体機能のメカニズムと照らし合わせてあげれば、

突破口は必ず見えてきます。

 

「できることは必ずあるのだ」と大きく構えて、

少しでもストレスフリーに向き合ってみましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ